西郷どん関連

大河ドラマ西郷どん(せごどん)ペリー 黒船を率いて横浜に再来航したアメリカの提督は日本に「恐怖」を植えつけにやってきた?

投稿日:2018年2月7日 更新日:

大河ドラマ西郷どん(せごどん)
ペリー

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第9話で、阿部正弘の話の中で出てくる「ペリー」さん。

徳川斉昭ら攘夷派がいる中、幕府と日米和親条約を結ばせたペリーさんは、今日でも知らない人はいないであろう日本史上の重要人物。

でも、ペリーさんって黒船に乗ってやってきたってことぐらいしか、知らない人がほとんどだと思います。

今回は、もう少しだけペリーさんについて掘り下げてみようと思います。

 

アメリカの考え方が分かる日米和親条約の内容はこちら↓

大河ドラマ西郷どん(せごどん)日米和親条約とは?アメリカの意図と内容とは?徳川斉昭が怒った日米の友好条約
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 日米和親条約 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第9話で、江戸に到着した西郷吉之助は、さっそく斉彬からお使いを頼まれます。 向かった先は

 

出典:http://blog.livedoor.jp/

 

スポンサーリンク

 

 

ペリー

マシュー・カルブレイス・ペリーは、クリストファー・レイモンド・ペリーと妻・セーラの三男として生まれる。

長兄はクリストファー・レイモンド・ペリー、次兄はアメリカ海軍の英雄であるオリバー・ハザード・ペリー。

1809年、わずか14歳9か月で海軍に入隊、1812年から米英戦争に2人の兄とともに参加する。

1833年に造船所長となり、1837年に海軍大佐に昇進。米墨戦争後には司令官に昇進した。

ペリーは、蒸気船を主力とする海軍の強化策を進めて士官の教育にあたり、蒸気船海軍の父とたたえられた。

 

1852年に東インド艦隊司令長官に就任したペリーは、日本に開国を依頼する大統領の親書を渡すよう指令を受ける。

この任務が与えられる1年前に、ペリーは日本遠征計画を提出していた。

その計画の中で、ペリーは4隻の軍艦をもって日本人に「友好」よりも「恐怖」を与え、軍事力を認識させると書いている。

 

 

出典:http://tiheisennnokanatahe.blog.so-net.ne.jp/

スポンサーリンク

 

 

かくして、ペリーはフィルモア大統領の親書を持ち、ミシシッピ号を旗艦として4隻の艦隊で出港した。

ケープタウン・セイロン・マカオ・香港・琉球を経由し、1853年に浦賀に入港。

突如、浦賀沖に姿を現した4隻の軍艦に、日本人は驚き「黒船」と呼んだ。

 

そしてペリーは護衛を引き連れて上陸し、幕府に大統領の親書を手渡した。

この時、アメリカは日本の開国を要求したのみで具体的な協議はなかった。

これに対し、幕府は1年間の猶予を申し出て、ペリーは一旦引上げる。

しかし、極東事情が変化する中で、しびれを切らしたアメリカは、1854年に7隻の軍艦を率いて日本へ再来航。

ペリーは、早期の条約締結を求め、幕府も日米和親条約を調印に応じた。

条約を締結後は、開港されることになった箱館(函館)港に来航し調査を行い、帰りに那覇に寄港して琉球王国と琉米修好条約を締結した。

帰国後のペリーは遠征記などを記している。

アルコール使用障害、痛風、リウマチなどを患っていたペリーは、1858年にニューヨークで死去した。享年63歳。

乗組員たちの話では、かなり高圧的な人物であったと伝わっている。

 

 

出典:http://www.geocities.jp/

アメリカの考え方が分かる日米和親条約の内容はこちら↓

大河ドラマ西郷どん(せごどん)日米和親条約とは?アメリカの意図と内容とは?徳川斉昭が怒った日米の友好条約
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 日米和親条約 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第9話で、江戸に到着した西郷吉之助は、さっそく斉彬からお使いを頼まれます。 向かった先は

スポンサーリンク

大河ドラマ西郷どん(せごどん)日米和親条約とは?アメリカの意図と内容とは?徳川斉昭が怒った日米の友好条約
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 日米和親条約 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第9話で、江戸に到着した西郷吉之助は、さっそく斉彬からお使いを頼まれます。 向かった先は
大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全47話のあらすじ・
大河ドラマ西郷どん(せごどん)の【説明記事一覧】疑問に思った内容や人物を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 背景・関連記事・説明記事一覧 この記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の本編にある背景や、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワ

スポンサーリンク


 

-西郷どん関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【その後の愛加那・菊次郎・菊草】西郷どん(せごどん)で奄美大島から吉之助が去ったあと家族はどうなった?

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 その後の愛加那・菊次郎・菊草はどうなった? 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第21話「別れの唄」で、幸せだった西郷吉之助、愛加那夫妻とその子・菊次郎もついに離れ離れ …

大河ドラマ西郷どん(せごどん)狆(ちん)お由羅が抱く小型犬・狆は、日本で改良された日本唯一の愛玩犬種

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 狆(ちん) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、小柳ルミ子が演じる島津斉興の側室・お由羅。 どこぞのセレブのように、常に犬を抱いて登場し、独特の雰囲気を醸し出しています。 …

一橋慶喜の側近・平岡円四郎を殺した犯人は誰?動機は?大河ドラマ西郷どん(せごどん)で慶喜が人間不信に陥った原因を作った男たち

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 慶喜の側近・平岡円四郎を殺した犯人は誰?動機は? 大河ドラマ西郷どんの第26話で、一橋慶喜(松田翔太)の側近・平岡円四郎という人物が、慶喜の身代わりとなって殺害される事 …

【薩英戦争】西郷どん(せごどん)薩摩隼人の意地にイギリス艦隊が驚いた!生麦事件が引き起こした薩摩と英国の戦争とは

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 薩英戦争 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第25話で、生麦事件の直接交渉のため、薩摩に英国艦隊がやってきました。 慎重論を主張する重臣たちの中、大久保一蔵は「薩摩兵こそ …

大河ドラマ西郷どん(せごどん)島津斉彬(なりあきら)西郷吉之助が心酔した島津斉彬は「日本国」の将来を憂いて志半ばに死んだ幕末の名君

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 島津斉彬(なりあきら) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の序盤を引っ張っていくのは、間違いなく渡辺謙が演じる島津斉彬。 父との確執の中、薩摩という小さい枠にとらわれず「日 …

スポンサーリンク