西郷どん関連

大河ドラマ西郷どん【皆吉鳳徳(みなよしほうとく)】大久保正助(利通)の祖父は「いろは丸」を建造した変人!

投稿日:2018年2月2日 更新日:

 

しかし、皆吉鳳徳は「近思録崩れ」と呼ばれる薩摩藩のお家騒動に連座して寺院に閉居することとなった。

その後、赦されたものの藩には仕えようとせず、世界情勢に知るべく海運業に目を着ける。

蘭書から造船について研究した皆吉鳳徳は、日本最初の西洋式帆船「伊呂波丸(いろはまる)」を建造して薩摩藩に献上した。

医者であった皆吉鳳徳は一ヶ月前から自分の病気は薬で治すことはできないと言い、水だけを飲み続けて眠るように逝ったと伝えられている。

皆吉鳳徳が死んだ時、孫の大久保正助(利通)は8歳。

生前の皆吉鳳徳は、孫を大変かわいがっていたようで、後に大久保利通は普段から洋風を好んだ皆吉鳳徳のことを振り返っている。

 

 

スポンサーリンク

 

 

皆吉鳳徳の変人ぷり①

牛を飼っていた皆吉鳳徳は、いつも牛の背中に乗っていた。

町に来る途中で自分より身分が高い人の行列に出会っても、牛から降りたくなかった皆吉鳳徳は、近くの籬(まがき)自分の頭と牛の首を突っ込んでやり過ごした。当然のことながら無礼な行為だったが、皆吉鳳徳を誰も咎めなかったという。

この滑稽な姿を見た人々は、「鳳徳は頭隠して尻隠さぬ」と語り合ったといわれている。

 

籬(まがき)

出典:http://blog.livedoor.jp/

 

出典:http://more.hpplus.jp/

スポンサーリンク

 

 

皆吉鳳徳の変人ぷり②

皆吉鳳徳の近所のガキンチョたちは、いつも「牛を借してくれ」とうるさかった。

ある日、めんどくさくなった皆吉鳳徳は、家に居た下女が嫌がるにもかかわらず「お牛」と呼んだ。

それからガキンチョ共が「ちょっと牛を貸して」と言うと、皆吉鳳徳は「わかった」と答えて「お牛」を連れてくる。

当時の薩摩藩は男の子から女の子に話しかけることを、侍として「恥」としていたため、ガキンチョたちは「お牛」という女の子が出てきたことにビビッて逃げ出していった。

 

薩摩隼人はシャイ?

出典:http://blog.livedoor.jp/

スポンサーリンク

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全47話のあらすじ・
大河ドラマ西郷どん(せごどん)の【説明記事一覧】疑問に思った内容や人物を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 背景・関連記事・説明記事一覧 この記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の本編にある背景や、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワ

スポンサーリンク

-西郷どん関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

五箇条の御誓文|西郷どん(せごどん)明治天皇が神に誓った政府の基本方針!のちに拡大解釈されて民選議会の設立へ

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 五箇条の御誓文 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の主人公・西郷吉之助が描いているのは「民のための日本」作り。 このために吉之助は幕府を倒すため奔走し、「大政奉還」、「王政 …

【大政奉還】西郷どん(せごどん)徳川慶喜が政権返上!討幕の気配を感じた慶喜が絶妙のタイミングで打つ幕府消滅の一手

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 大政奉還 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で松田翔太が演じる15代将軍・徳川慶喜は、薩摩藩と長州藩が討幕に向けて動き出したのを感じ、誰もが予想しなかった一手を絶妙のタイミ …

長州藩家老・福原越後(ふくはらえちご)大河ドラマ西郷どんで長州征伐の際に切腹する三家老の一人

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 福原越後(ふくはらえちご) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第28話で、一橋慶喜は長州藩を叩き潰すべく長州征伐を決定しました。 征長軍参謀として参陣させられた西郷吉之助 …

【薩土密約】西郷どん(せごどん)乾退助が西郷吉之助と結んだ私的な密約が土佐藩を新政府の中枢に押し上げた?

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 薩土密約 大河ドラマ西郷どん(せごどん)では、西郷吉之助は島津斉彬の遺志を引き継ぎ、日本国内での内乱を避けるべく尽力しています。 平和的な倒幕が大河ドラマの中での西郷吉 …

【後藤象二郎】大河ドラマ西郷どん(せごどん)大久保一蔵に接待された土佐藩士は大政奉還の立役者!

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 後藤象二郎 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第26話で、沖永良部島から戻った西郷吉之助は京都に上がり、繁の家で大久保一蔵と会いますが、そこで吉之助が見たのは生真面目だっ …

スポンサーリンク