西郷どん関連

大河ドラマ西郷どん(せごどん)【郷中(ごじゅう)教育】長老(おせんし)二才(にせ)長稚児(おせちご)小稚児(こちご)に分かれた薩摩藩の教育システム

投稿日:2017年12月26日 更新日:

大河ドラマ西郷どん(せごどん)
郷中(ごじゅう)教育とは?

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第1話(初回)は、西郷隆盛らの幼少期が描かれ、西郷隆盛は西郷小吉、大久保利通は大久保正助として登場。

他にも歴史に名を残す薩摩藩士がたくさん登場してきます。

西郷小吉ら子供たちは、町内単位で一つのグループを形成し教育を受けており、これが「郷中(ごじゅう・ごちゅう・ごうちゅう)/郷中教育」というのものです。

今回は、この集団自治教育システム「郷中/郷中教育」について紹介したと思います。

 

 

出典:http://rekishi-mystery.seesaa.net/

スポンサーリンク

 

郷中(ごじゅう・ごちゅう・ごうちゅう)/郷中教育

薩摩藩は、武士の居住区ごとに「郷」というものに別れて、グループを形成していた。

「郷中/郷中教育」は、このグループに別れた薩摩藩特有の藩士子弟の教育システムを指す。

郷中は戦国の島津義弘の代、豊臣秀吉の文禄・慶長の役の間、留守を預かった武士の青少年の風紀が乱れたことから、これを心配した家老たちが考案した教育システムが起源といわれており、当初は18の郷中だったが、西郷隆盛たちが活躍した幕末期には33郷中に増加していた。

 

郷中は、

⓵ 6から10歳ぐらいまでを「小稚児(こちご)」

② 11から15歳ぐらいまでを「長稚児(おせちご)」

③ 15から25歳ぐらいまでを「二才(にせ)」

④ 妻帯者を「長老(おせんし)」

のグループに分けていた。

 

各郷中には、特定の教師は存在せず、年長者が指導にあたる形をとっている。

郷中の運営は、それぞれの自主性に任され、教育内容は非常に厳しいものであった。

幼少期から10数年間も集団の中で過ごすために、郷中の結束は強く、他の郷中との競争意識も高く、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の中でも、西郷小吉らの下加治屋町郷中は、隣の高麗町や平之郷中とたびたび競い合っている。

この郷中教育のおかげで、鉄の結束と強い闘争心を持つ薩摩隼人の気風が育まれていった。

ちなみに、西郷隆盛(小吉・吉之助)は、20歳の時に下加治屋町の二才頭に就任して、同じ郷中の後輩たちの指導にあたっている。

 

 

スポンサーリンク

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の【説明記事一覧】疑問に思った内容や人物を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 背景・関連記事・説明記事一覧 この記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の本編にある背景や、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワ
大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全47話のあらすじ・

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

-西郷どん関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介【山岡鉄舟】日本最強は誰?流派は?

はじめに この記事ではシリーズで伝説の剣豪・剣士・剣の達人を紹介しています。日本の歴史上の中で侍、武士が数多く名を残してきましたが、今回紹介する伝説の剣豪・剣士・剣の達人は【山岡鉄舟】です。【山岡鉄舟 …

大河ドラマ西郷どん(せごどん)島津茂久(忠義)斉彬の死後、藩主となるも実権は斉興、久光に握られた今上天皇の曽祖父

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 島津茂久 大河ドラマ西郷どんで、島津斉彬亡き後に薩摩藩主になる島津久光の子・島津茂久。 父・久光を差し置いて、茂久が藩主に就任したのは、斉彬の遺言があったからですが、実 …

大河ドラマ西郷どん(せごどん)徳川家定 又吉直樹が演じる奇怪な将軍は篤姫(於一)と結婚して病気ですぐ死ぬかわいそうな男

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 徳川家定 大河ドラマ西郷どんで、又吉直樹先生が演じるのが奇行が目立つ13代将軍・徳川家定。 大河ドラマの中では、島津斉彬が徳川家定のあとの将軍を一橋慶喜にするために、北 …

大河ドラマ西郷どん(せごどん)【妙円寺詣り】西郷小吉(隆盛)も参加した島津義弘の関ケ原敵中突破を記念した伝統行事

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 【妙円寺詣り】 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第1話の中で、西郷小吉(隆盛)らの下加治屋町郷中と、らの尾田栄作らの平之郷中が一番乗りをかけて争いを繰り広げる「妙円寺詣 …

篠原国幹|西郷どん(せごどん)マントを着たド派手でマヌケな男?「習志野」の語源にもなったとされる文武両道の士の生涯

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 篠原国幹 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で榊英雄が演じるのが、西南戦争で壮絶な死を遂げる「篠原国幹」という男。 「篠原国幹」は若い頃から文武両道の士として名を馳せ、戊辰 …

スポンサーリンク