麒麟がくる|土田御前(檀れい)信長を嫌う母・ドタゴゼン(ツチダゴゼン)の生涯とは

      2020/01/14

大河ドラマ「麒麟がくる」
土田御前(どたごぜん・つちだごぜん)

大河ドラマ「麒麟がくる」で檀れいが演じるのが、信長を嫌う母・土田御前(どたごぜん)。

信長の生母については諸説あり、「麒麟がくる」ではこの土田御前が本当の母として描かれるのか、はたまた継母として描かれるのかは分かりませんが、早い時期でキャストも発表されているので、ドラマを盛り上げる重要な役どころとして登場してくるでしょう。

この記事では織田信秀との間に信長のほか、市などたくさんの子を産んだとされる土田御前について簡単に紹介しています。

 

出典:https://www.nhk.or.jp/

スポンサーリンク

 

土田御前(どたごぜん/つちだごぜん)

土田御前は美濃可児郡の土田(どた)氏の娘、または尾張清洲の土田(つちだ)氏の娘とされる実名不明の女性で、別称は花屋夫人という。

織田信秀の正室(織田達勝の娘)が離縁されたあと信秀の継室となり、信長、信行、秀孝、信包、市、犬を産んだとされる。

なお、信長の生母は小嶋信房の娘、または六角高頼の娘との説もあり、これらが土田御前と同一人物なのかは不明。

土田御前は信秀の死後、「うつけもの」と呼ばれていた信長を嫌い、優等生だった次男・信行を可愛がって共に末森城に住んでいた。

やがて信長の家督相続に納得のいかない柴田勝家や林通勝らによって品行方正の信行擁立が計画され、兄弟間の内乱が勃発する。

これに信行が敗れると、土田御前は信長に赦免を願い出て信行の命を救った。

 

出典:https://pikstagram.com/

 

 

その後、一度は擁立されかけた信行は反逆心を消し去ることができず、再び反乱を計画。

しかし、前回の首謀者であった柴田勝家は信長の力量に感服し、すでに臣従を誓っていたため、この動きは勝家によって密告されてしまう。

そして信行は、仮病をつかっていた信長の見舞いに誘い出され、今度ばかりは殺されてしまった。

信行の死後、土田御前は信長や市と共に暮らし、孫(信長や市の子供たち)の面倒を見て暮らす。

本能寺の変後は、孫の信雄のもとで「大方殿様」と呼ばれて大事に扱われていたが、天正18年(1590年)に信雄が改易されると、子の信包のもとに引き取られ、文禄3年(1594年)に伊勢国安濃津で死去した。

 

 

スポンサーリンク

【麒麟がくる全話・あらすじ】

初回~5話のあらすじ・期待度

6話~10話のあらすじ・期待度

11話~15話のあらすじ・期待度

 

 

【麒麟がくる人物・キャスト】

あ:明智光安(西村雅彦)

あ:足利義昭(滝藤賢一)

あ:足利義輝(向井理)

い:稲葉良通・一鉄(村田雄浩)

お:織田信秀(高橋克則)

お:織田彦五郎信友

お:織田信康

お:小見の方(片岡京子)

き:帰蝶・濃姫(川口春奈)

き:菊丸(岡村隆史)

こ:駒(門脇麦)

さ:斎藤道三・利政(本木雅弘)

さ:斎藤義龍・高政(伊藤英明)

つ:妻木煕子(木村文乃)

と:土岐頼芸(尾美としのり)

と:土岐頼純(矢野聖人)

と:土田御前(檀れい)

に:日運(有福正志)

ひ:平手政秀(上杉祥三)

ふ:藤田行政・伝吾(徳重聡)

ほ:細川晴元(国広富之)

ほ:細川幽斎・藤孝(眞島秀和)

ま:松永久秀(吉田鋼太郎)

み:三淵藤英(谷原章介)

み:三好長慶(山路和弘)

み:深芳野(南果歩)

も:望月東庵(堺正章)

 

 

【麒麟がくる関連記事】

スポンサーリンク

 - 麒麟がくる関連