西郷どん関連

大河ドラマ西郷どん(せごどん)須賀 未練の涙!自ら離婚を申し出て夫を江戸に行かせた不器用な愛情表現が泣かせる西郷隆盛の最初の妻

投稿日:2018年1月8日 更新日:

大河ドラマ西郷どん(せごどん)
須賀

大河ドラマ西郷どんで、西郷吉之助(隆盛)の最初の妻となるのは、橋本愛が演じる伊集院直五郎の娘・須賀。

吉之助は一度、須賀との縁談を断っていますが、1年後に母・満佐が労咳になり、死期が近いことを知ると須賀を嫁にすることを承諾しました。

須賀にとってはかなり失礼な話ですが、なんとか二人は結婚します。

しかし、この須賀はちょっと変わったお嫁さんで、愛想がなく、笑顔もぎこちない。

もしかするとこんな貧乏な家に嫁いできたのがイヤなのかもと心配になります。

でも、須賀は違いました。

「貧しさは恥ではございもはん」と満佐に語っていることからも、ただ感情の表現がヘタなだけで本当は優しい心を持っていました。

 

 

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

大河ドラマ西郷どん(せごどん)【岩山糸、愛加那、須賀、於一(篤姫)】西郷隆盛を愛した妻・女達をまとめて紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 【岩山糸、愛加那、須賀、於一(篤姫)】 西郷隆盛を愛した妻・女達をまとめて紹介! 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で数多く登場する魅力的

スポンサーリンク

 

 

須賀が泣かせるのは、吉之助との離縁の場面。

島津斉彬から江戸に一緒に同行するよう命じられた吉之助。

吉之助にとっては念願の江戸行きでしたが、用意しなければならない金30両が工面できない。

須賀は、夫を借金まみれの家で待つなんて耐えられないとキレます。

その後、弟や大久保正助らが必死で金を工面しようとしますが、須賀は「無駄です。里に帰ります」といって出ていきました。

吉之助のもとには、みなが集めてくれた金20両のみで、あと10両足りない。

そんな時、須賀が父・直五郎を連れてやってきて、離縁を申し出ます。

須賀は「わがままで悪うございました」と開き直り、直五郎は「わがまま娘は忘れて江戸に行ってくれ」と手切れ金10両を吉之助に渡します。

そして須賀は「清々した。そいなら」と捨て台詞を吐いて出て行きました。

その後、須賀は父に問われて言いました。

「あんな優しい男はみたことがありません。一緒に居たら離れられなくなります。江戸に行くと言えば引き止めてしまいます。あの人は自分のことを捨てて、相手の気持ちになってしまう。こんなひねくれた自分の気持ちも分かってくれただけで十分です。日本一の婿殿を離縁してやりました」

不器用に愛することしかできなかった須賀のおかげで、吉之助は江戸に行けることになったのです。

 

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

西郷須賀(伊集院須賀)

須賀は、薩摩藩士・伊集院兼善の娘として誕生。

嘉永5年(1852)、伊集院家から徒歩10分ほどの下加治屋町の西郷家の長男・吉之助(隆盛)と結婚。

24歳の西郷吉之助は、当時は郡方書役助という地方役人であった。

 

結婚後すぐに、西郷の祖父・龍右衛門、父・吉兵衛、母・満佐が立て続けに亡くなった。

嘉永7年(1854年)、西郷が薩摩藩主・島津斉彬に江戸詰を命じられ、鹿児島を離れて斉彬の庭方役となる。

江戸にいる西郷が留守の中、須賀は少ない手当てで西郷の5人の弟妹の面倒をみる苦しい生活を送った。

安政元年(1855年)、須賀は実家に戻る。

娘の貧乏生活を見かねて、父親が呼び戻したといわれており、その後、伊集院家が江戸に詰めている西郷に相談し離縁が決まった。

西郷は「こちらこそ申し訳なかった」と言い、円満な離縁だったといわれている。

 

江戸在任中の西郷は、離婚の翌年の安政2年(1856年)に下加治屋町の生家を売却。

すでに嫁いでいた妹・琴と鷹を除く、4人の弟妹は、対岸の上之園の借家に移った。

 

その後の須賀がどうなったのかはよく分かっていない。

西郷が西南戦争で逆賊になったため、伊集院家によって意図的に隠したと言われている。

 

須賀の父「伊集院直五郎」と弟「伊集院兼寛」とは

 

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

大河ドラマ西郷どん(せごどん)【岩山糸、愛加那、須賀、於一(篤姫)】西郷隆盛を愛した妻・女達をまとめて紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 【岩山糸、愛加那、須賀、於一(篤姫)】 西郷隆盛を愛した妻・女達をまとめて紹介! 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で数多く登場する魅力的
大河ドラマ西郷どん(せごどん)【琴・吉二郎・信吾・吉兵衛・龍右衛門など】西郷隆盛の家族(兄弟・父母・祖父母)をまとめて紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 【琴・吉二郎・信吾・吉兵衛・龍右衛門など】 西郷隆盛の家族(兄弟・父母・祖父母)をまとめて紹介! 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、登
大河ドラマ西郷どん(せごどん)の【説明記事一覧】疑問に思った内容や人物を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 背景・関連記事・説明記事一覧 この記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の本編にある背景や、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワ
大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全47話のあらすじ・

スポンサーリンク

 

-西郷どん関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大河ドラマ西郷どん 近衛忠煕(このえただひろ)月照と共に斉彬に協力した公家は篤姫の養父となり安政の大獄で失脚する

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 近衛忠煕(このえただひろ) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で登場する近衛忠煕は、西郷隆盛、坂本龍馬ら幕末の英雄たちに比べ、とてもマイナーな人物。 しかし、公家で朝廷の中 …

大河ドラマ西郷どん(せごどん)【なた豆】嫁の須賀に満佐が教えた西郷家の伝統の味「なた豆の味噌漬け」のなた豆とは?

大河ドラマ西郷どん(せごどん) なた豆 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第7話で、西郷家にやってきた吉之助の嫁・須賀。 愛想のない須賀でしたが、貧乏を気にする吉之助に対し「貧しさは恥ではない」と言って …

大河ドラマ西郷どん(せごどん)ヒュースケン 将軍・徳川家定と対面したハリスの通訳・ヒュースケンは「浪士組」に襲われ命を落とす

大河ドラマ西郷どん(せごどん) ヒュースケン 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第14話で、13代将軍・徳川家定と対面してアメリカ大統領の親書を渡すハリス。 その傍らで通訳として同席したのがヒュースケン …

大河ドラマ西郷どん(せごどん)大山格之助(大山綱良)寺田屋事件で活躍し、西郷隆盛を最後まで助け続けた鹿児島県令。

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 大山格之助(大山綱良) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の中で、西郷小吉(吉之助・隆盛)のいる下加治屋町郷中と競い合う高麗町郷中のリーダー格として登場するのが大山格之助( …

大河ドラマ西郷どん(せごどん)【南紀派メンバー紹介】徳川慶福を次期将軍に!大老・井伊直弼を中心とした幕政を取り仕切る官僚グループ

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 【南紀派】 メンバー紹介 大河ドラマ西郷どんで、又吉直樹が演じる第13代将軍・徳川家定の後継者、次期将軍に紀州藩主・徳川慶福を推しているのが「南紀派」。 この「南紀派」 …

スポンサーリンク