comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

日本剣豪一覧表【時代別】

剣豪名をクリックすると個別の剣豪紹介記事が見れます↓   剣豪名 流派 平安 鬼一 法眼 京八流 源 判官 義経 太刀の術 室町 念阿弥 慈恩(相馬 義元) 念流 中条 兵庫頭 長秀 中条流 飯篠 長 …

日本剣豪一覧表【50音順】

剣豪名をクリックすると個別の剣豪紹介記事が見れます↓   剣豪名 系統 生年 没年 あ 愛洲 移香斎 久忠 陰 1452 1538 浅利 又七郎 義明 中 1822 1894 浅利 又七郎 義信 中 …

麒麟がくる【孫六兼元】真柄切兼元や二念仏兼元など伝説を残す刀を作った岐阜県関市の刀鍛冶

大河ドラマ麒麟がくる 孫六兼元 大河ドラマ麒麟がくるの序盤の舞台である岐阜県は、かつて美濃国と呼ばれ、今も昔も関市を中心に日本刀製作の一大拠点でもありました。大河ドラマの中では鉄砲を手に入れた明智光秀 …

いだてん38話の次回予告(39話)で誰がいた?「あれ?さっき誰かいた?」の正体はあのゴキブリ男ww

大河ドラマ「いだてん」 大河ドラマ「いだてん」の第38話「長いお別れ」の最後、第39回「懐かしの満州」で次回予告でナレーションの松澤一鶴(皆川猿時)が「あれ?さっき誰かいた?」と言っていますが、予告を …

青天を衝け|尾高惇忠(あつただ・じゅんちゅう)一族の年長者は渋沢栄一の成功から実業家への道を拓く

大河ドラマ「青天を衝け」 尾高惇忠 NHK大河ドラマ「青天を衝け」の主役・渋沢栄一は動乱の幕末から明治維新を経て、日本資本主義の父と呼ばれるほどの大実業家になっていきますが、栄一の人生に幼少期に影響を …

麒麟がくる|望月東庵(堺正章)ギャンブル依存症の実在しない架空の人物

大河ドラマ麒麟がくる 望月東庵 大河ドラマ「麒麟がくる」で堺正章が演じるのが、望月東庵という医者。望月東庵は実在する人物ではなく、ドラマの中で作られた架空のオリジナルキャラクターであり、「麒麟がくる」 …

大河ドラマ直虎 しの 嫉妬深い・めんどくさい・うざい直親の妻しのという女性(貫地谷しほり)のストーリー

大河ドラマ「おんな城主 直虎」で登場する【しの】とは 大河ドラマ直虎で、しのという女性は、奥山朝利(でんでん)の娘であり、井伊直親(三浦春馬)に妻となってのちに井伊直政(菅田将暉)となる虎松(寺田心) …

スポンサーリンク