葦尊彦のプロフィール

%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab

 

サラリーマンとして社畜のふりして働き、くだらない人生だと思ってきましたが、自分の人生ぐらい自分のためだけに使おうと考えだしたら、ちょっと人生が面白くなってきた見た目とのギャップが激しい葦尊彦です。「一回きりの人生、面白く生きる」を信条にしています。

ガタガタうるさいディーゼル車両が、田んぼの中を一時間に一本走るド田舎に住んでいて、趣味は色々やりますが、全て中途半端な感じの普通の人です。

歴史や日本神話などが好きで、最近は宇宙の歴史にも興味があります。

歴史好きの原点は、中学生の時にお年玉で買った新人物往来社の「戦国人名辞典」(10,094円)です。

休日は布団の中にいてNHK大河ドラマをかじりついて見るか、天気が良ければバイクで田舎を走り、神社仏閣、史跡などを巡っています。バイクといってもカブなのでトコトコやっていますが。

日本をこよなく愛し、外国人が日本を好きになってくれている番組を見ると、なぜか高確率で泣いています。

あと、ナウシカ~もののけ姫までのジブリ作品が好きです。葦尊彦(アシタカヒコ)の名前も、もののけ姫のアシタカから名付けました。

また、一度気に入った服や靴、物を全色集めたくなる癖を持っています。最近はスニーカーにドはまりしました。一応、博物館学芸員資格を持っていますので収集癖はそこらへんからきているのかもしれません。

性格は見た目とは違い、いたって温厚で敗者を応援したくなる「判官贔屓」の気がかなり強く出ます。好きな人物等は、日本武尊(倭建命)、空海、源義経、北畠顕家、丹羽長秀、竹中半兵衛、真田幸村、高杉晋作、山岡鉄舟など。

漫画ですけど、横山光輝の「史記」を愛読しています。いつかブログで書こうと思います。

「判官贔屓」にひっかかりそうなマイナーな人物を知ってるよって方が見えたら、連絡いただけると非常に嬉しいです。

こんな人間のブログを気に入っていただけると幸いです。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

スポンサーリンク

japan-1096822_1920

公開日:
最終更新日:2017/09/05