おもしろきこともなき世をおもぶろぐ

歴史大好き葦尊彦による世の中のしょうもないことを前向きになるべく面白く考えていこうというお話。

大河ドラマ直虎 しの 嫉妬深い・めんどくさい・うざい直親の妻しのという女性(貫地谷しほり)のストーリー

      2017/04/16

大河ドラマ「おんな城主 直虎」で登場する【しの】とは
大河ドラマ直虎で、しのという女性は、奥山朝利(でんでん)の娘であり、井伊直親(三浦春馬)に妻となってのちに井伊直政(菅田将暉)となる虎松(寺田心)を生む人物ですが、大河での しの の性格は井伊直親の嫁いで以降、次郎法師(柴咲コウ)に嫉妬を抱き、かなりめんどくさい、うざい人物で描かれています。(※ちなみに史実では「ひよ」という名もある)

特に大河ドラマ直虎の7回、8回あたりで しの は、泣いたり、怒ったり、次郎法師を刺そうとしたり、「危ない女」と思ってしまいますが、 しの も次郎法師と同様に井伊家の不運に振り回された人物で、実の子・虎松を必死で守った井伊家にとっては重要な人物のはずです。

大河直虎でも、 しの の登場する序盤は「危ない女」的なイメージもありますが、 しの が井伊家を守るもう一人の直虎のような重要な人物になっていくよう願い、この記事で大河ドラマ「おんな城主 直虎」での しののあらすじをまとめて、その感想などを入れています。

 

 

下記の別記事には「直虎外伝 しの」として、この大河ドラマ直虎における しのだけの物語を作ってみました。

この「危ない女 しの」に興味を持った方は、是非読んでみて下さい。

しの伝 第1話【しのと亀之丞】
大河ドラマ直虎外伝 しの① 貫地谷しほりが演じる嫉妬深い直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」 しの とは 大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じています。 しのは、井伊

しの伝 第2話【再会と嫉妬】
大河ドラマ直虎外伝 しの② 貫地谷しほりが演じるうざい直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが、井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、直虎に敵意むき出し

しの伝 第3話【喜びと悲しみ】
大河ドラマ直虎外伝 しの③ 貫地谷しほりが演じるめんどくさい直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、周りから見ると非常に

しの伝 第4話【焦りと怒り】
大河ドラマ直虎外伝 しの④ こどもできる?貫地谷しほりが演じる直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、直親との間になかなか

しの伝 第5話【憎悪と覚悟】
大河ドラマ直虎外伝 しの⑤ 子供できる?貫地谷しほりが演じる直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、直親との間になかなか

しの伝 第6話【落胆と兆候】
大河ドラマ直虎外伝 しの⑥ 貫地谷しほりが演じる直虎を嫌うしのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く、いつまでも次郎(直虎)への憎悪が

しの伝 第7話【芽生えと誕生】
大河ドラマ直虎外伝 しの⑦ 虎松(井伊直政)誕生!貫地谷しほりが演じる母となったしのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く、いつまでも次郎(直虎)への憎悪が



15875707_1896646423911404_3958286373034655744_n

出典:https://instagrammernews.com/

スポンサーリンク

大河ドラマ「おんな城主 直虎」
しの の第1回~第14回のあらすじ
しの は奥山朝利(でんでん)の娘で、妹には小野政次(高橋一生)の弟・小野玄蕃(井上芳雄)の妻となった なつ(山口紗弥加)がいるほか、兄に孫一郎(平山祐介)や六左衛門(田中美央)がいます。

 

大河ドラマ「おんな城主 直虎」第5回

しの は登場しませんでしたが、亀之丞(井伊直親)が逃亡してから10年が経ち帰還の目途も立たないことから、井伊家の次の家督を決めるべきだと小野政直(吹越満)が井伊直盛(杉本哲太)に迫り、政直の嫡男・政次に奥山朝利の娘と娶わせ、生まれた子を将来的に直盛の養子にして次の当主にしようと画策します。

おそらくこの時の娘が しのであったのだと思います。

この政直の提案には、次郎は井伊家と小野家のわだかまりも解けるかもしれないと同意しましたが、井伊家の重臣たちや奥山朝利は政直に対する不信感から反対。

そんな奥山朝利に政直は、「政次夫婦の子が家督を継げば、その父である朝利は外祖父となりますよ。」と指摘し、「断るなら新野家にお願いする。」と言うと奥山朝利は前言撤回しようとします。

結果的に、政直が死んだこと、今川、武田、北条の三国同盟締結により亀之丞が帰還し、この縁談は破談になってしまいます。

この時代の女性には政略結婚は当たり前ですけど、 しの の気持ちは関係ないところはかわいそう。

 

スポンサーリンク


 

大河ドラマ「おんな城主 直虎」第7回

井伊谷に帰還し次郎にこっぴどくフラれた井伊直親は、 しの と祝言を挙げました。

しの の次郎に対する対抗意識を見ると、直親は憧れの人だったのかな?おそらく次郎や政次と同じように幼い頃に何回かは会ってるだろうし。

この時、笛の名手であった直親の隣に座り、鼓を叩いていたのが しの でした。

本来ならば次郎が座る場所であった場所です。

そして夫となった直親の帰参を今川に許してもらう代わりに、井伊谷の検地を受け入れるという井伊家にとっての一大事が起こりました。

川名の隠れ里を知られたくない井伊家のため、直親は東奔西走。妻をないがしろに次郎のもとに赴き、 しの はさびしい思いを強いられました。

しの が嫉妬深いかもしれませんが、実際、直親は政次に「おとわ(次郎)のために」とか言ってますからあながちハズレていない。

一方、次郎も「直親を助ける。」と走り回り、政次に協力を念押ししました。

この時、政次は「直親のせいで二度も好機を失った。一度はおとわの出家、もう一度はアイツが戻ってきたせいで良い話を失った。とりっぱぐれ願い下げだ。」と言っています。

次郎が瀬名(菜々緒)からの手紙を手に入れて直親を助けに行く姿を見た しの は悲しみのあまり涙を流していました。

次郎も「井伊家を助ける。」ではなく、「直親を助ける。」と言っているところがどうなのかね。

 

スポンサーリンク


 

大河ドラマ「おんな城主 直虎」第8回

しの と直親が夫婦となって4年が経っていました。

しかし、子宝に恵まれず しの はこのことを気に病んでいました。

井伊家の状況から見れば相当なプレッシャーでしょう。しかも次郎と直親の関係も相当なプレッシャーですわ。

一方、直親は しの が子作りに効能があると信じているため、ほぼ毎日どじょうを食べていたが、ふいに「井伊谷からどじょうがいなくなりそうだ。」と冗談を言ってしまいます。

相変わらず相手の気持ちが分からない男。4年も一緒にいるのに。

これに しの は怒り心頭。「このまま子ができなければ私はお払い箱で別の女性と一緒になれますね。」と皮肉を言います。

しの 激オコ!

次郎は子を授かる作用のある川芎(せんきゅう)、当帰(とうき)、淫羊藿(いんようかく)、麝香(じゃこう)などを手に入れようしたり、政次の弟・玄蕃(井上芳雄)との間に子をもうけていた しの の妹・なつに子宝に恵まれる秘訣を聞いていました。

しの にとっては大きなお世話。「どうせ直親のためなんでしょ。」って言いそう。

なかなか子ができない直親に千賀(財前直美)は側室を置くことを考えはじめ、これを聞いた次郎は面倒なことになると心配しているところに政次が子作りの妙薬を土産にもらいます。

次郎は、千賀から しの に渡してもらおうとするが、千賀は次郎と しの のわだかまりをなくすためにも次郎から渡すように指示します。

これは火に油そそぐようなもんだわ。

次郎は、いいつけどおりに しの に薬を渡すが、次郎の呪いのせいで子ができないと逆恨みしていた しの は、その薬は子をできなくする薬だと暴言を吐きます。

精神状態やばいっしょ

これに次郎は「情けない。それでも井伊家の奥方か!」と叱り、怒り心頭の次郎は両親にこのことを告げて処分してもらうと言い捨てました。

次郎・・コワっ

さらに、泣いて「それだけは勘弁」としがみつく しの を次郎は突き飛ばします。

この時、直親がやってきて しの は次郎を悪者扱いして泣きわめきました。

わぁ~かなりめんどくさい

次郎も反論しようとするが、直親に目で「行け」と合図されその場を離れました。

なんなのこの二人(直親と次郎)・・・そういうところがあるからこうなるんですよ。

この夜、直親も井伊家のために側室を置くことを考え次郎に相談すると、次郎は しの が受け入れられないと不安をおぼえます。

相談する相手がまた次郎か。

その後、側室の話を聞いた しの は、「次郎殿、お恨み申し上げます。」と書き置き残して失踪。

むちゃくちゃ。

しの を見つけた次郎は、懐刀を首筋にあてる しの に自分を恨む理由を問いただすと、 しの は「みんなが私がおとわ様であったらと思っている。ほかに誰を恨めばいいのか。」と発言。

そんな しの に次郎は、懐刀を しの に向かって投げ、「正室が死ねば自分も還俗できるかもしれないから、勝手に自害すればいい。」と言い放ち、さらに「ちょうど薬もあるので子もできる。私がお前の後釜に座るから早く自害しろ。」と挑発しはじめます。

これに しの は懐刀を持って次郎に向かって突進!

間一髪のところで傑山(市原隼人)に止められ、 しの は泣きながら「必ず子を生んでみせる。次郎を還俗させない。」と息巻きました。

相変わらずストーカーの傑山。しかし根性で子ができるのか? 直親の立場なら夜が怖いわ(笑)

そこに直親がやってきて、 しの に呆れて謝り出すが、次郎は詫びる直親に「子は二人で作るものであろう。なぜともに悲しんでやらぬ?悩まぬ? なぜ しの はこのように一人なのじゃ。そなたの女房なのだからそなたがなんとかせよ。」と薬の箱を投げつけて去ってきました。

いやいやいやいや、 しの がひとりだと思わせた原因はあなたにもありますよ。なぜそれを分かってやらぬ?(笑)

直親は薬を拾い、 しの に詫びて少し話そうと誘いました。

屋敷に戻った次郎は しの の失踪に戸惑う直盛と千賀に、 しの がいかに愚かな女であるかを説き、もし側室を置けば自分と同じ目にあうと助言。しかし、もし子ができ母となれば敵を躊躇なく刺し殺す強い母になるだろうと話しました。

しの との相談を終えた直親は、後日 しの と共に直盛と千賀に騒動を詫び、側室は1年待って欲しいと願いでます。

1年経っても子ができなければ実家に帰るつもりの しの の覚悟に千賀は二度と次郎を襲わないで欲しいとする交換条件で応じました。

恐ろしい嫁を持ったもんだ。

その後、井伊家が一堂に介して子宝祈願が行われ、直親と しの は大般若祈願を行いました。

 

スポンサーリンク


 

大河ドラマ「おんな城主 直虎」第9回

桶狭間の戦いで直盛以下、重臣たちが戦死したとの情報が入ります。

その中には、 しの の妹・なつの夫である小野玄蕃もいました。

しの となつの父である奥山朝利は小野家を嫌っていたため、なつを取り戻そうとするが、なつは千賀から夫の死後も小野家に残って欲しいとの依頼と、子の亥之助が小野家になじんでいることからも小野家に残りました。

不幸が続いた井伊家のもとに吉報がもたらされます。なんと しの が懐妊したのです。

根性で子供はできます(笑)。

憤ってた父・奥山朝利も直盛の生まれ変わりだと感激し、 しの の報告に千賀も涙を流して喜び、次郎も複雑な心境を抱えながら喜んでくれました。

しかしこの夜、奥山朝利は、なつと亥之助のことで話し合いたいと政次を呼び出します。

奥山朝利は呼び出した政次を暗殺しようとしますが、政次の返り討ちにあって命を落としてしまいました。

 

スポンサーリンク


 

大河ドラマ「おんな城主 直虎」第10回

祝田村の自宅に戻った直親と しの は、父・奥山朝利の亡骸を発見します。

その頃、奥山朝利を殺した政次は次郎のもとに事件のいきさつを話していました。その話を聞いた次郎は、政次のためになんとかしようと駆けだします。

一方、 しの は政次が父を殺したと確信し、泣きながら直親に仇を討って欲しいと懇願しましたが、直親は事件現場を見て違和感を覚え、 しの にこのことは一旦、心の外に追いやるようなだめました。

翌日、井伊家中では、小野政次成敗すべしと息巻いていました。

しの 妹・なつが自分が小野家に残ったために父が事件を起こしたと説明。「小野家と井伊家の懸け橋」となることが、亡き夫・小野玄蕃の願いであったと話します。

一連の話を聞いた直親は、事件現場の不審な点を指摘し、政次は正当防衛であることから処罰はできないと事態を収束させました。また次郎も政次をかばい皆の怒りを鎮めました。

ちょっとカッコイイな直親。

その後、政次無罪を聞いた しの は、怒りをあらわにして直親に詰め寄るも、直親は奥山朝利の気持ちももっと考えてやるべきだったと反省し、恨むなら自分を恨んでくれと謝りました。

しの も悪いのは父とは理解していたが、やりきれず泣き崩れてしまいました。そんな しの に直親は自分の幼い頃の境遇を思い出し共に悲しんでくれました。

 

その後、しの がつわりに苦しんでいると、直親が症状が和らぐ療法を教えてくれました。その療法は政次から教わったものだと聞いて しの は複雑な思いを抱きました。

 

この冬、ついに しの が嫡男・虎松(のちの井伊直政)を出産します。

「男の子でよかった。これで次郎に勝った。」と思ったかも。

井伊谷が喜びに沸く中、政次は祝いの品として、かつての井伊直満(直親の父)の所領を全て虎松に返上します。

 

スポンサーリンク


 

大河ドラマ「おんな城主 直虎」第11回

桶狭間以降、松平家が独立するなど今川家には余裕がなくなっていました。

直親は、今川家を見限り、松平家と結ぶよう裏で画策します。

しかし、今川の罠にまんまと引っかかり、この企ては露見して政次も今川屋敷で今川家への忠誠を誓わされ、直親には駿府召喚の命が下ります。

直親は覚悟を決め駿府へ行くことを決意し、自宅で しの と虎松を抱きしめます。 しの は必死に涙をこらえていました。

直親は、しの に笑顔で「虎松は井伊家初代・井伊共保の生まれ変わりに違いない。自分の経験を踏まえて虎松に諭すように。」と言葉を送り、駿府に赴きました。

 

スポンサーリンク


 

大河ドラマ「おんな城主 直虎」第12回

直親が駿府に赴いて何日後、傷だらけの直親の従者によって直親が討たれたことが伝えられました。

直親たちの亡骸は龍潭寺に運ばれ、次郎は直親を見つけてその亡骸に触れようとしました。

その姿を見た しの は、次郎の手を払い、「みな、すべて、なにもかも、そなたのせいではないか! よう、ノコノコとその面をさらしておれるの!」と怒ります。

しの は、次郎が松平のカタを持たず、また父が殺害されたときに政次を成敗していればこんなことにはならなかったと思っていました。

 

直親の葬儀の直後、井伊家は今川家より虎松殺害を命じられます。

井伊家の者たちは虎松を逃がそうとしますが、 しの はこれを拒みます。

見かねた新野左馬助(苅谷俊介)が自分の命と引き換えに今川氏に虎松の命乞いをしてくると言いだし、 しの に必ず虎松の命を救うと誓って駿府に向かいました。

ガンバレ爺さん!

駿府では、今川氏真が交換条件として今川家に逆らう者への出陣を命じられました。

この氏真に助言していたのは政次で、完全に井伊家を見限っています。

この後、井伊家は天野氏討伐に出陣しますが、重臣たちは皆戦死してしまいます。

あっけない・・・

そしてついに男子がいなくなった井伊谷に小野政次が舞い戻り、井伊谷の実権を掌握しようとしますが、次郎は井伊直虎と名乗って、唯一残された直親と しの の子・虎松の後見となりました。

 

スポンサーリンク


 

大河ドラマ「おんな城主 直虎」第14回

井伊直虎となった次郎は、領国運営に努めていた。

農民たちは徳政令の発布を求め、今川家からも発布の催促が来ていたが、直虎はこれを無視していました。

そこに しの の元へ政次がやってきて、直虎が祝田村(しの の領地)を怪しい商人に渡そうとしていると中傷します。

何も聞いていなかった しの は、直虎に怒りをあらわにしていると、政次は自分に虎松の後見を任せてくれれば必ず村は返すと誓いました。

直親といい直虎といい、基本的に井伊家の人間は他人の気持ちを無視します。

その後、直虎は祝田村の代わりに しの に川名の一部を渡すことを決定。しの の領地は旧領より減ってしまいます。

祐椿(直虎の母・千賀の法名)は、不足分は今後なんらかのかたちで補いたいとの直虎の誠意を しの に伝えましたが、しの は祝田村を返さない限り直虎と虎松の後見としては認めないという姿勢を貫きます。

いつまでたっても平行線だねこの二人。

 

つづく↓

第15回以降のしのについて【あらすじ】

大河ドラマ直虎 しの ゲス直親のおかげで直虎と仲直り?虎松の母しのという女性(貫地谷しほり)のストーリー
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で登場する【しの】とは 大河ドラマ直虎で、しの という女性は、奥山朝利(でんでん)の娘であり、井伊直親(三浦春馬)に妻となって、井伊



号泣必至!小野政次は裏切っていない?直虎を守る政次の筋書き

大河直虎 小野政次は裏切っていない?井伊家と直虎を守るための優しくも悲しい政次の筋書きとは?勝手に考えました。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、高橋一生が演じている小野政次ですが、当初は主人公の井伊直虎(柴咲コウ)、直虎の許嫁であった井伊直親の幼馴染として登場しており、井伊直親の死後は井伊


スポンサーリンク



「直虎外伝 しの」

大河ドラマ「おんな城主 直虎」における【しの】だけの物語を勝手に作ってみました。

しの伝 第1話【しのと亀之丞】
大河ドラマ直虎外伝 しの① 貫地谷しほりが演じる嫉妬深い直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」 しの とは 大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じています。 しのは、井伊

しの伝 第2話【再会と嫉妬】
大河ドラマ直虎外伝 しの② 貫地谷しほりが演じるうざい直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが、井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、直虎に敵意むき出し

しの伝 第3話【喜びと悲しみ】
大河ドラマ直虎外伝 しの③ 貫地谷しほりが演じるめんどくさい直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、周りから見ると非常に

しの伝 第4話【焦りと怒り】
大河ドラマ直虎外伝 しの④ こどもできる?貫地谷しほりが演じる直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、直親との間になかなか

しの伝 第5話【憎悪と覚悟】
大河ドラマ直虎外伝 しの⑤ 子供できる?貫地谷しほりが演じる直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、直親との間になかなか

しの伝 第6話【落胆と兆候】
大河ドラマ直虎外伝 しの⑥ 貫地谷しほりが演じる直虎を嫌うしのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く、いつまでも次郎(直虎)への憎悪が

しの伝 第7話【芽生えと誕生】
大河ドラマ直虎外伝 しの⑦ 虎松(井伊直政)誕生!貫地谷しほりが演じる母となったしのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く、いつまでも次郎(直虎)への憎悪が



スポンサーリンク


直虎関係リスト


スポンサーリンク

あらすじリスト

大河ドラマ直虎 46~最終回あらすじと期待度
大河ドラマ直虎 41~45話あらすじと期待度
大河ドラマ直虎 36~40話あらすじと期待度
大河ドラマ直虎 31~35話あらすじと期待度
大河ドラマ直虎 26~30話あらすじと期待度
大河ドラマ直虎 21~25話あらすじと期待度
大河ドラマ直虎 16~20話あらすじと期待度
大河ドラマ直虎 1~15話あらすじと期待度

大河ドラマ直虎 最終回あらすじ
大河ドラマ直虎 49話あらすじ
大河ドラマ直虎 48話あらすじ
大河ドラマ直虎 47話あらすじ
大河ドラマ直虎 46話あらすじ
大河ドラマ直虎 45話あらすじ
大河ドラマ直虎 44話あらすじ
大河ドラマ直虎 43話あらすじ
大河ドラマ直虎 42話あらすじ
大河ドラマ直虎 41話あらすじ
大河ドラマ直虎 40話あらすじ
大河ドラマ直虎 39話あらすじ
大河ドラマ直虎 38話あらすじ
大河ドラマ直虎 37話あらすじ
大河ドラマ直虎 36話あらすじ
大河ドラマ直虎 35話あらすじ
大河ドラマ直虎 34話あらすじ
大河ドラマ直虎 33話あらすじ
大河ドラマ直虎 32話あらすじ
大河ドラマ直虎 31話あらすじ
大河ドラマ直虎 30話あらすじ
大河ドラマ直虎 29話あらすじ
大河ドラマ直虎 28話あらすじ
大河ドラマ直虎 27話あらすじ
大河ドラマ直虎 26話あらすじ
大河ドラマ直虎 25話あらすじ
大河ドラマ直虎 24話あらすじ
大河ドラマ直虎 23話あらすじ
大河ドラマ直虎 22話あらすじ
大河ドラマ直虎 21話あらすじ
大河ドラマ直虎 20話あらすじ
大河ドラマ直虎 19話あらすじ
大河ドラマ直虎 18話あらすじ
大河ドラマ直虎 17話あらすじ
大河ドラマ直虎 16話あらすじ
大河ドラマ直虎 15話あらすじ
大河ドラマ直虎 14話あらすじ
大河ドラマ直虎 13話あらすじ
大河ドラマ直虎 12話あらすじ
大河ドラマ直虎 11話あらすじ
大河ドラマ直虎 10話あらすじ
大河ドラマ直虎 9話あらすじ
大河ドラマ直虎 8話あらすじ
大河ドラマ直虎 7話あらすじ
大河ドラマ直虎 6話あらすじ
大河ドラマ直虎 5話あらすじ
大河ドラマ直虎 4話あらすじ
大河ドラマ直虎 3話あらすじ
大河ドラマ直虎 2話あらすじ
大河ドラマ直虎 1話あらすじ

スポンサーリンク
 

感想リスト

大河ドラマ直虎 最終回【感想】
大河ドラマ直虎 49話【感想】
大河ドラマ直虎 48話【感想】
大河ドラマ直虎 47話【感想】
大河ドラマ直虎 46話【感想】
大河ドラマ直虎 45話【感想】
大河ドラマ直虎 44話【感想】
大河ドラマ直虎 43話【感想】
大河ドラマ直虎 42話【感想】
大河ドラマ直虎 41話【感想】
大河ドラマ直虎 40話【感想】
大河ドラマ直虎 39話【感想】
大河ドラマ直虎 38話【感想】
大河ドラマ直虎 37話【感想】
大河ドラマ直虎 36話【感想】
大河ドラマ直虎 35話【感想】
大河ドラマ直虎 34話【感想】
大河ドラマ直虎 33話【感想追記】
大河ドラマ直虎 33話【感想】
大河ドラマ直虎 32話【感想】
大河ドラマ直虎 31話【感想】
大河ドラマ直虎 30話【感想】
大河ドラマ直虎 29話【感想】
大河ドラマ直虎 28話【感想】
大河ドラマ直虎 27話【感想】
大河ドラマ直虎 26話【感想】
大河ドラマ直虎 25話【感想】
大河ドラマ直虎 24話【感想】
大河ドラマ直虎 23話【感想】
大河ドラマ直虎 22話【感想】
大河ドラマ直虎 21話【感想】
大河ドラマ直虎 20話【感想】
大河ドラマ直虎 19話【感想】
大河ドラマ直虎 18話【感想】
大河ドラマ直虎 17話【感想】
大河ドラマ直虎 16話【感想】
大河ドラマ直虎 15話【感想】
大河ドラマ直虎 14話【感想】
大河ドラマ直虎 13話【感想】
大河ドラマ直虎 12話【感想】
大河ドラマ直虎 11話【感想】
大河ドラマ直虎 10話【感想】
大河ドラマ直虎 9話【感想】
大河ドラマ直虎 8話【感想】
大河ドラマ直虎 7話【感想】
大河ドラマ直虎 6話【感想】
大河ドラマ直虎 5話【感想】
大河ドラマ直虎 4話【感想】
大河ドラマ直虎 3話【感想】
大河ドラマ直虎 2話【感想】
大河ドラマ直虎 1話【感想】
大河ドラマ直虎 【序盤感想】

スポンサーリンク

 - 直虎あらすじ