おもしろきこともなき世をおもぶろぐ

歴史大好き葦尊彦による世の中のしょうもないことを前向きになるべく面白く考えていこうというお話。

大河ドラマ直虎29話あらすじ しの再婚!虎松との別れが泣ける!しのが虎松のために人質となる第29話 7/23

      2017/07/23

はじめに

平成29年大河ドラマ「おんな城主 直虎」第29話のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。

詳細なネタバレもあるので先の展開を知りたくない方は、【ネタバレ注意】は読まないほうがいいです。

たまに、私がところどころふざけてセリフや文章を考えて書いているところがありますが、決して本編の大河ドラマ「おんな城主 直虎」ではそのようなことはありません。

なお、放送後の感想については、別ページで書いていきますのでそちらもよろしくお願いします。

 

001_size6

出展:http://mantan-web.jp/


第29話「女たちの挽歌」7/23
NHK公式 あらすじ

直虎(柴咲コウ)は徳川家康(阿部サダヲ)に書状を送り、上杉と同盟を組んで武田の今川攻めの動きを封じ込む策を進言する。いったんはこの策に乗ろうとした家康だったが、時を同じくして武田から今川攻めの誘いが来てしまう。その頃、駿府では寿桂尼(浅丘ルリ子)が死の床についていた。松下常慶(和田正人)は井伊と徳川の同盟の証として、しの(貫地谷しほり)を人質に出すよう要求するが…。

NHK公式サイト 大河ドラマ「おんな城主 直虎」第29回「女たちの挽歌」より抜粋

スポンサーリンク

第29話「女たちの挽歌」7/23
ネタバレ注意

寿桂尼の死去

徳川家康に宛てた書状を、直虎は傑山に託した。

内容は、戦をここで止めないか。徳川家と上杉家が結ぶのはどうかというものである。

瀬名は、上杉と組めば武田や織田を敵に回すのではないかと心配する。

しかし家康は、武田に加勢しても徳川は武田に食いつぶされ、織田もあてにはできないと考え、上杉と結ぶべく密書を贈るのであった。

 

傑山が井伊に戻り、明るく確信に満ちた顔で、家康から「すぐには返事できぬが、考えてみる。」という返答をもらったと言い、直虎に希望を与えた。

一方、瀬戸方久は戦が始まることを見越して、綿布や米、材木などあらゆるものを買い占めて、一儲けしようと企んでいる。

その後、いっこうに三河からの連絡はなく、別の知らせが駿府からもたらされることとなった。

『寿桂尼の死去』

政次の報告に、直虎は絶句した。

「今川家が混乱しているときに亡くなるとは、どれほどのご無念であろうか・・・。」

女戦国大名とも呼ばれ、長きにわたり今川を支え続けた寿桂尼は、直虎にとって厳しくも優しい最大の理解者だった。

直虎は寿桂尼の死を悼み、経を唱え続けた。

 

スポンサーリンク


 

徳川の人質要求

数日後、家康からの返事にやきもきしている直虎のもとに、徳川家に出入りしている山伏・松下常慶が訪ねてきた。

常慶は、三河もモメているために返事が遅くなったという。

直虎が届けさせた書状から、家康は直虎の進言を認め、上杉と誼を通じるべく、密書まで送った。

しかし、同じ頃、武田の使者・山県昌景が話があるとやって来たらしい。

山県昌景の話とは、徳川家と武田家が同時に今川領に攻め込み、大井川から西を徳川、東を武田で切り取ろうというものだった。

徳川内部の意見は割れた。

徳川の重臣・酒井忠次は山県の提案に賛成し、家康と言い争いになる。

瀬名が今川の重臣・関口の出であることを皮肉られ、結局は、武田家に従うことになり、家康の意見は退けられていた。

 

直虎は常慶に「・・・では、戦になるのはもう避けられぬと?」と聞いた。

これに常慶は、「恐らくは今年のうち、遠江には徳川が攻め入ることになろうかと。井伊はそれでも、今川方として戦うおつもりかと、確かめに参った次第にございます。」と答える。

直虎は、「それでも、とは?」と聞き直すと、常慶は、先だっての書状は明らかに、今川に味方する者の意見であるから確認していると言う。

直虎は、戦を避けたかっただけだと答えると、常慶は「では、徳川にお味方なさいますか?」と確認してくる。

直虎は意を決して、「・・・できれば・・・さようにと考えておる。」と答えた。

すると常慶は、「では人質に、虎松様の母君を頂きとうございます。」と言いだした。

あまりのことに直虎は驚き、理由を問いただす。

常慶は、書状のことだけでなく、井伊は今川から離れないのではないかと懸念しているという。

南渓は、今川の手前、人質を三河にも送ることはできないのではと言うと、常慶は、自分の実家の松下ではどうかと提案した。

常慶の兄が後添えを探していて、そこに嫁ぐという形ならば、今川の目に止まることはないという。

直虎は、「虎松には父がおらぬ。このうえ母まで奪えと、そう言うのか!」と叫ぶと、常慶は「では、お考えくださいませ。また参ります。」と去っていった。

 

スポンサーリンク


 

しのの承諾

常慶と入れ違いに小野政次が入ってきた。

政次は、「言いにくければ、私からしの殿に言いましょうか。太守様より下知が下ったとでも。」と声をかける。

しかし直虎は、徳川への書状が失敗に終わった責任は自分にあると政次の提案を拒絶し、自分でしのに話をすることにした。

 

直虎の話を聞いたしのは、一つ大きなため息をついて言った。

「要するに、殿が大それたことをおやりになったせいで、私を人質にという話になってしまったということにございますか。」

直虎は、ただ頭を下げるしかない。

「まこと、もう、どうわびてよいものやら・・・」

しのは、直虎をボロカスに責めるが、最終的には「虎松には、なんと話せばよろしゅうございますか?」と聞いてくる。

直虎は、恐る恐る顔を上げ、「行って、くれるのか?」と返した。

しのは、「こうなれば、致し方ございませんでしょう。」と覚悟を決めている。

胸が痛むやら、ホッとするやら直虎の感情はグチャグチャになるのであった。

 

スポンサーリンク


 

母を想う虎松

数日後、話を聞いた虎松がやって来て、「母は行きたくないそうです。今すぐ、取り消してくださいませ!」と直虎に詰め寄る。

直虎は、しのが虎松にどのように説明したのか気になったが、とりあえず虎松にも分かるように、丁寧に事情を説明した。

「井伊は、仲よくしたいと思っている家から、母上が嫁ぐならば信じてやろう、と言われたのだ。」

虎松は、「それは、人質というものではないですか?」と返す。

直虎は、武家のならいであるから仕方ないと説明するが、虎松は納得できず、直虎が人質に行けばいいと言い出した。

直虎は、「われが行ってしまっては、誰が殿をやるのじゃ。母上に行ってもらうしか手がないのでな。できぬのじゃ。」と言い返すものの、虎松が哀れでならない。

虎松は直虎をにらみつけ「殿は、考えつかぬだけの阿呆なのではございませんか。」と、かつて『おとわ』が言った言葉を言い放つ。

虎松はしのから、自分が他の家に行かなくてもいいようにするにはどうしたらいいのか考えるように言われていた。

虎松は、あれこれ考えたが実現させるには無理なことばかりだったのだ。

 

直虎は、政次に結ぶ先を武田に変えたらしのを人質に出さなくてもいいのではないかと相談する。

政次は、徳川が抑えようとしている遠江に、武田と結んだ国衆がポツーンとあるほうがおかしいと言う。

さらに、しのが今さら嫁ぐのがイヤだと言いだすのはおかしいので真意を聞くよう直虎にアドバイスした。

そして直虎は、しのの屋敷に出向くことにした。

 

スポンサーリンク


 

 泣ける!しのと虎松の別れ

しのは直虎の話を聞くと、落ち着き払った顔で言った。

「少し焚きつけしすぎたようです。いずれ虎松は党首となる身。近しい者を人質に出さねばならぬということを考える良い機会とも思いまして。あえて行きたくないと言うてみせたのです。」

そして改めて、しのは嫁ぐことを約束し、続けた。

「私が嫁ぐということを、うまく取り引きにお使いください。井伊のためになるように。・・・そして、いつかその話を、虎松にしてやってくださいませ」

しのの覚悟に、直虎は胸が熱くなった。

直虎は、涙をこらえ、作り笑顔で「心得た。」と返すのであった。

 

その夜、しのと虎松が話す。

「さんざん考えてくれて、母はうれしく思いますよ」

うつむき、口をへの字にしている虎松に、しのは静かに語りかける。

「実は、虎松が考えている間に、母も考えたことがあるのです。・・・やはり母は行きたくなってしまったのですが、行ってよいですか?」

虎松は驚いて顔を上げ、理由を尋ねる。

すると、しのは父上の望みであるからと答えた。

「そなたの父上は、あるお家と仲よくしようとし、殺されてしまいました。・・・こたび母が嫁ぐのは、そのお家と再び仲よくするためです。」

それを聞いて、虎松は叫ぶ。

「ウソじゃぁぁぁ!母上は虎松と離れたくないはずじゃ。母上は虎松のことが一番お好きなはずじゃ、一番大事なはずじゃ!」

虎松を抱きしめて、しのは言った。

「虎松は母の宝です。だからこそ大事にしたいのです。」

黙っている虎松に、しのは続けた。

「母は力強い味方をつくってやりたいのです。母が嫁げば、そこは井伊のお味方の家となるし、子ができれば、そなたの兄弟が増えます。」

しのも、本心では虎松とここで暮したかった。

しかし、それはできない。してはいけない。

寂しさを飲みこみつつ、しのは虎松に言った。

「笑って送り出してはくれませぬか?」

虎松はしのに抱きついて、最後のお願いをする。

「・・・お行きになるまで、毎晩、虎松とともに寝てくだされ。」

しのは、歯を食いしばって泣きながら言った。

「もちろんですとも」

 

スポンサーリンク


 

しのの再婚と父・直虎

しばらくして、再び龍潭寺を訪れた常慶に、直虎はしのを差し出すことを伝えた。

しかし直虎は、一つだけ条件を提示する。

それは、徳川が攻め入ってきたら城は素直に明け渡すが、徳川には加勢しないということだった。

驚いた常慶は、それでは新しい土地の安堵はできないと言うが、直虎はこれ以上の安堵は望まないと言い、井伊の目指すところは、民百姓を一人も殺させないことであると説明した。

これに常慶は「・・・それが井伊の戦い方なのでございますね。」と承知するのであった。

 

この夏、母からもらった笛を懸命に吹く虎松に見送られ、しのは松下家へと旅立った。

そして井伊の館に虎松を迎え入れ、直虎は優しく言った。

「今日からは、われがそなたの義母となるが、母とは思わんでよい。われには、しの殿の代わりはできぬし、われのことは父と思うてほしい。」

虎松はけなげに答えた。

「・・・はい!」

 

一方、駿府の今川館では、寿桂尼が残した言葉を実行すべく、井伊に対してある企みを準備していた。

 

スポンサーリンク


次回 第30話あらすじ↓

大河ドラマ直虎30話あらすじ 俺を信じろ!おとわ!政次の決意と方久の裏切り。今川が井伊を潰そうとする第30話 7/30
はじめに 平成29年大河ドラマ「おんな城主 直虎」第30話のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。 詳細なネタバレもあるので先の展開を知りたくない方は、【ネタバ



山伏【松下常慶】としのの再婚相手【松下清景】とは

大河ドラマ直虎 山伏【松下常慶】とは?しのの再婚相手【松下清景】とは?和田正人が演じた徳川と井伊を繋ぐ男
松下常慶と松下清景 大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、チョロチョロ出てくる不愛想な山伏、和田正人が演じている松下常慶や、あれほどまでに直虎に嫉妬を抱いていた虎松(のちの井



大河ドラマ直虎【あらすじ・ネタバレ・期待度まとめ】第26話~第30話

大河ドラマ直虎【あらすじ・ネタバレ・期待度まとめ】第26話~第30話
大河ドラマ「おんな城主 直虎」第26話~第30話 あらすじと期待度 はじめに 大河ドラマ「おんな城主 直虎」第21話~第25話までが龍雲丸中心のマッタリした感じになって



号泣必至!直虎を守る小野政次の筋書き

大河直虎 小野政次は裏切っていない?井伊家と直虎を守るための優しくも悲しい政次の筋書きとは?勝手に考えました。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、高橋一生が演じている小野政次ですが、当初は主人公の井伊直虎(柴咲コウ)、直虎の許嫁であった井伊直親の幼馴染として登場しており、井伊直親の死後は井伊


放送後の感想について

放送後に別ページにまとめています。

大河ドラマ直虎29話【感想】しのと虎松の別れに号泣!政次のXデー間近!井伊に重苦しい空気が流れ始めた第29話 7/23
大河ドラマ「おんな城主直虎」 第29話「女たちの挽歌」【感想】 この記事では大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第29話「女たちの挽歌」の感想と、勝手にMVPを決めています


スポンサーリンク
 

あらすじリスト

大河ドラマ直虎 46~最終回あらすじと期待度
大河ドラマ直虎 41~45話あらすじと期待度
大河ドラマ直虎 36~40話あらすじと期待度
大河ドラマ直虎 31~35話あらすじと期待度
大河ドラマ直虎 26~30話あらすじと期待度
大河ドラマ直虎 21~25話あらすじと期待度
大河ドラマ直虎 16~20話あらすじと期待度
大河ドラマ直虎 1~15話あらすじと期待度

大河ドラマ直虎 最終回あらすじ
大河ドラマ直虎 49話あらすじ
大河ドラマ直虎 48話あらすじ
大河ドラマ直虎 47話あらすじ
大河ドラマ直虎 46話あらすじ
大河ドラマ直虎 45話あらすじ
大河ドラマ直虎 44話あらすじ
大河ドラマ直虎 43話あらすじ
大河ドラマ直虎 42話あらすじ
大河ドラマ直虎 41話あらすじ
大河ドラマ直虎 40話あらすじ
大河ドラマ直虎 39話あらすじ
大河ドラマ直虎 38話あらすじ
大河ドラマ直虎 37話あらすじ
大河ドラマ直虎 36話あらすじ
大河ドラマ直虎 35話あらすじ
大河ドラマ直虎 34話あらすじ
大河ドラマ直虎 33話あらすじ
大河ドラマ直虎 32話あらすじ
大河ドラマ直虎 31話あらすじ
大河ドラマ直虎 30話あらすじ
大河ドラマ直虎 29話あらすじ
大河ドラマ直虎 28話あらすじ
大河ドラマ直虎 27話あらすじ
大河ドラマ直虎 26話あらすじ
大河ドラマ直虎 25話あらすじ
大河ドラマ直虎 24話あらすじ
大河ドラマ直虎 23話あらすじ
大河ドラマ直虎 22話あらすじ
大河ドラマ直虎 21話あらすじ
大河ドラマ直虎 20話あらすじ
大河ドラマ直虎 19話あらすじ
大河ドラマ直虎 18話あらすじ
大河ドラマ直虎 17話あらすじ
大河ドラマ直虎 16話あらすじ
大河ドラマ直虎 15話あらすじ
大河ドラマ直虎 14話あらすじ
大河ドラマ直虎 13話あらすじ
大河ドラマ直虎 12話あらすじ
大河ドラマ直虎 11話あらすじ
大河ドラマ直虎 10話あらすじ
大河ドラマ直虎 9話あらすじ
大河ドラマ直虎 8話あらすじ
大河ドラマ直虎 7話あらすじ
大河ドラマ直虎 6話あらすじ
大河ドラマ直虎 5話あらすじ
大河ドラマ直虎 4話あらすじ
大河ドラマ直虎 3話あらすじ
大河ドラマ直虎 2話あらすじ
大河ドラマ直虎 1話あらすじ

スポンサーリンク
 

感想リスト

大河ドラマ直虎 最終回【感想】
大河ドラマ直虎 49話【感想】
大河ドラマ直虎 48話【感想】
大河ドラマ直虎 47話【感想】
大河ドラマ直虎 46話【感想】
大河ドラマ直虎 45話【感想】
大河ドラマ直虎 44話【感想】
大河ドラマ直虎 43話【感想】
大河ドラマ直虎 42話【感想】
大河ドラマ直虎 41話【感想】
大河ドラマ直虎 40話【感想】
大河ドラマ直虎 39話【感想】
大河ドラマ直虎 38話【感想】
大河ドラマ直虎 37話【感想】
大河ドラマ直虎 36話【感想】
大河ドラマ直虎 35話【感想】
大河ドラマ直虎 34話【感想】
大河ドラマ直虎 33話【感想追記】
大河ドラマ直虎 33話【感想】
大河ドラマ直虎 32話【感想】
大河ドラマ直虎 31話【感想】
大河ドラマ直虎 30話【感想】
大河ドラマ直虎 29話【感想】
大河ドラマ直虎 28話【感想】
大河ドラマ直虎 27話【感想】
大河ドラマ直虎 26話【感想】
大河ドラマ直虎 25話【感想】
大河ドラマ直虎 24話【感想】
大河ドラマ直虎 23話【感想】
大河ドラマ直虎 22話【感想】
大河ドラマ直虎 21話【感想】
大河ドラマ直虎 20話【感想】
大河ドラマ直虎 19話【感想】
大河ドラマ直虎 18話【感想】
大河ドラマ直虎 17話【感想】
大河ドラマ直虎 16話【感想】
大河ドラマ直虎 15話【感想】
大河ドラマ直虎 14話【感想】
大河ドラマ直虎 13話【感想】
大河ドラマ直虎 12話【感想】
大河ドラマ直虎 11話【感想】
大河ドラマ直虎 10話【感想】
大河ドラマ直虎 9話【感想】
大河ドラマ直虎 8話【感想】
大河ドラマ直虎 7話【感想】
大河ドラマ直虎 6話【感想】
大河ドラマ直虎 5話【感想】
大河ドラマ直虎 4話【感想】
大河ドラマ直虎 3話【感想】
大河ドラマ直虎 2話【感想】
大河ドラマ直虎 1話【感想】
大河ドラマ直虎 【序盤感想】

スポンサーリンク


直虎関係リスト


スポンサーリンク

「直虎外伝 しの」

大河ドラマ「おんな城主 直虎」における【しの】だけの物語を勝手に作ってみました。

しの伝 第1話【しのと亀之丞】
大河ドラマ直虎外伝 しの① 貫地谷しほりが演じる嫉妬深い直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」 しの とは 大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じています。 しのは、井伊

しの伝 第2話【再会と嫉妬】
大河ドラマ直虎外伝 しの② 貫地谷しほりが演じるうざい直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが、井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、直虎に敵意むき出し

しの伝 第3話【喜びと悲しみ】
大河ドラマ直虎外伝 しの③ 貫地谷しほりが演じるめんどくさい直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、周りから見ると非常に

しの伝 第4話【焦りと怒り】
大河ドラマ直虎外伝 しの④ こどもできる?貫地谷しほりが演じる直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、直親との間になかなか

しの伝 第5話【憎悪と覚悟】
大河ドラマ直虎外伝 しの⑤ 子供できる?貫地谷しほりが演じる直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、直親との間になかなか

しの伝 第6話【落胆と兆候】
大河ドラマ直虎外伝 しの⑥ 貫地谷しほりが演じる直虎を嫌うしのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く、いつまでも次郎(直虎)への憎悪が

しの伝 第7話【芽生えと誕生】
大河ドラマ直虎外伝 しの⑦ 虎松(井伊直政)誕生!貫地谷しほりが演じる母となったしのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く、いつまでも次郎(直虎)への憎悪が



スポンサーリンク

 - 直虎あらすじ