大河ドラマ直虎20話あらすじ クズ!ゲス直親の隠し子(高瀬)騒動で直虎としのが仲直りした第20話 5/21

      2017/05/21

はじめに

平成29年大河ドラマ「おんな城主 直虎」第20話のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。

詳細なネタバレもあるので先の展開を知りたくない方は、【ネタバレ注意】は読まないほうがいいです。

特に今回のあらすじは先に分かってしまうと本編のゲス直親のクズさが薄れてしまう可能性があります。お気をつけください。

たまに、私がところどころふざけてセリフや文章を考えて書いているところがありますが、決して本編の大河ドラマ「おんな城主 直虎」ではそのようなことはありません。

なお、放送後の感想については、別ページで書いていきますのでそちらもよろしくお願いします。

 

001_size6

出展:http://mantan-web.jp/


大河ドラマで放送された井伊直親のクズっぷりはこちら

 

大河ドラマ直虎 死んだ井伊直親はクズか?隠し子もいた最低な直親を演じた三浦春馬がかわいそう
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、三浦春馬が演じる井伊家のプリンス・井伊直親は、NHK公式でも「太陽のような」とか、「井伊家にあたたかい陽光をもたらす人物」とか色々いいように書かれ


スポンサーリンク


第20話「第三の女」5/21
NHK公式 あらすじ

亡き直親(三浦春馬)の娘と名乗って井伊谷にやってきた少女・高瀬(髙橋ひかる)。元許婚である直親の隠し子発覚にショックを隠しきれない直虎(柴咲コウ)だが、井伊家の当主として、その真偽がわかるまで高瀬を屋敷で預かることを決める。噂を聞きつけた直親の元妻・しの(貫地谷しほり)は高瀬のもとに乗り込むが、その対応は意外なものだった。一方政次(高橋一生)は、今川と武田の同盟関係に亀裂が入ったことから、高瀬は武田が井伊に送り込んだスパイなのではないかと疑う。

NHK公式サイト 大河ドラマ「おんな城主 直虎」第20回「第三の女」より抜粋

スポンサーリンク

第20話「第三の女」5/21
ネタバレ注意

隠し子・高瀬

南渓の立ち合いのもと、龍潭寺の一室で、直虎は祐椿尼とともに直親の娘を名乗る者と対面した。

10代半ばで貧しい身なりから百姓の出だと簡単に推測できる。

直親に隠し子がいたなどと信じたくない直虎は激しく動揺していた。

このため直親は、にらみつける様な目線になり、娘がおびえていることにも気づかない。

娘の名は高瀬といい、母のユキが亡くなる間際に、父は井伊の亀之丞という男だと聞かされ、身よりもなくなったため、この話を頼りにやってきたらしい。

直虎は頭を抱え、祐椿尼は高瀬に、亀之丞はすでに亡くなっていることを伝えた。

南渓も直親からそんな話は聞いたことがないと言う。

高瀬は「そうですか。では、おらぁの聞き間違ぇだったのかもしんねぇな。ありがとうございました。これにてお暇いたしやす。」と言うと、しょんぼり帰ろうとした。

不憫に思った祐椿尼が声をかけ、けなげに明るく振る舞う高瀬の姿を見ていると直虎の心はチクチク痛んだ。

直虎は迷った挙句、高瀬に井伊の屋敷に留まるよう言い、父の亀之丞こと井伊直親は、井伊の当主であったことを説明する。

つまりこの話が本当ならば、高瀬は井伊の姫ということになる。

高瀬は驚き、放心状態。

そして、井伊家でこの隠し子騒動を調査することになった。

 

スポンサーリンク


 

しのの泣き笑い

とりあえず祐椿尼が高瀬を井伊の館に連れ帰り、たけが空いている部屋に案内した。

どうみても百姓にしか見えない高瀬を見て、たけは言う。

「まことなのですか?直親様のお子というのは・・・あの、もしまことなら、その、姫様と夫婦約束しておられたときのお子ということになりますよね・・・・」

直虎の気持ちを思い口には出さなかったが、祐椿尼も裏切られた思いである。

 

寺に残った直虎は、南渓、傑山、昊天に『ユキ』なる女の話を直親から聞いたことがあるかと尋ねていた。

しかし、誰もそのような話は聞いておらず、南渓から直親を預かっていた松岡というお方に何か知らないか聞いてもらうことになった。

この時、皆が直虎のことを慰めようとしてくるので腹が立った直虎は「私は気にしておりませぬ!!」と言い残し、帰っていった。

 

直虎が館に戻ると、高瀬のことをしのに話すべきかどうか祐椿尼が部屋にやってきた。

結果がでてから伝えることにまとまりかけた時、しのがものすごい形相で館に乗り込んでくる。

「娘はどこじゃ!娘を出しなさい!」

大声が館に響き渡り、高瀬が部屋から顔を出した。

「あのぉ、おらのことでごぜぇますか?」

直虎はしのが高瀬に飛びかからないかと心配したが、しのは意外に冷静だった。

しのは「そなたが直親様の娘なら、私の子とは兄弟になります。そうなれば、新野の屋敷のほうにも顔を出すとよい。」と寛容に高瀬を受け入れた。

しのの言葉に驚いた直虎は、今後のことを話そうとしのを自室に誘った。

聞けば、虎松が突然、「私には姉上がいるのですか?」と聞いてきたと言う。

昼間の寺での会見をのぞき見していたらしい。

直虎がしのを慰めると、しのは唇を噛み、ポロポロと泣き始めた。

やはり、正室として取り乱すまいと精一杯平静を装っていたのであろうと、直虎は思った。

しかし、しのは「おいたわしや、直虎様」と言い、なぜか直虎をあわれんでいる。

しのは、「私と結ばれる前の話とはいっても、直虎様にすれば・・・直虎様はご出家までされたのに、その間に直親様は、どこぞの女子とよろしゅうヤッてたことになりましょう?」と直虎に言う。

改めてそう言われると、直虎もモヤモヤする。

さらに、しのは「直虎様が厳しい修行中に、どこぞの女子の前でも笛を吹き、甘ったるい言葉をかけ、子まで作って・・・・」と言うと、急に笑いが込み上げてきたようで泣きながらプププとふきだした。

直虎はだんだんと怒りが込み上げてきたようで顔を真っ赤にして「われは気にしておらぬ。あの子が真の娘なら、娘が増えて調略にも使えよう。直親が井伊に宝をよこしてくれたと思うておる!」と強がった。

そんな直虎の姿がますます面白く、しのは泣いているのか笑っているのか分からなくなった。

しのは御無礼いたしましたと退出したが、直虎はイライラ。なかなか平静に戻れなかった。

 

スポンサーリンク


 

隠し子か?武田の間者か?

その夜、政次は高瀬の存在をなつによって知らされた。

めったに表情を崩さない政次が珍しく動揺している。

政次の脳裏には落ち込む直虎の顔が浮かんでいた。

 

翌日、評定が開かれ、直虎は直之から盗伐事件に報告を受けた。

脱走した男の件は、政次が近藤に伝えとりなしてくれたが、盗賊団の行方は未解決のままだった。

他に何かあるかと直虎が言うと、直之と六左衛門は高瀬の話を始める。

本当に直親の娘ならば迎え入れるべきだとか、井伊には人がいないし、虎松にも姉ができるし、縁組みもできるし、などど明らかに直虎が直親のことにこだわり、高瀬を追い出そうとしているのをなだめている

ようである。

直虎は「わかっとるわ!もとよりそのつもりじゃ!」と怒ると、政次が「その者、武田の間者ということはございませぬか?」口を挟んできた。

いやいやそれはないでしょと異存の声をあげる直之と六左衛門に、あのぐらいの年なら十分に間者として働けると政次は言う。

直虎はさすがにそれは考えずぎではないかと言うと、政次はヤレヤレだぜというように小さく首を振り井伊家を取り巻く状況を説明する。

今後、今川と武田が争うかもしれないということである。

 

評定を終わり、直虎は政次の意見に反省しつつ外に出ると祐椿尼が花を持って喜んでいる。

たけが言うには、花が好きと聞いた高瀬が崖をよじ登り摘んできたらしい。

すでに、たけは花一本で高瀬に心を許している。

自ら身が軽いのが取り柄だと語る高瀬が、間者と言われればそうかもしれないと思う直虎であった。

 

スポンサーリンク


 

 隠し子確定!!

そのころ、政次の知らないところで今川氏真が動いていた。

元康から家康に改名した松平家と手を結ぼうとしていたのだ。

書状を手にした家康の心境は複雑で、松下常慶に今後の動向を探るように命じるのであった。

 

井伊谷では直虎が南渓から松岡様からの情報を聞いていた。

たしかにユキという女子はいたこと、直親と二人でおったところを見かけた者もいることが分かったが、子までいたかどうかは分からないとのことであった。

真相が分からず、がっがりする直虎に南渓は、「子の父親などあいまいなもの。どこまで事情を確かめても間違いなく娘かどうかなど分からんのではないか。」と諭す。

武田の間者であるかもしれないので、追い返す案も相談するべく、直虎は政次の執務部屋に向かった。

 

直虎と政次は、高瀬の件について話し合っていた。

その時、廊下から鼻歌が聞こえてくる。

その鼻歌を聞いて、直虎と政次はハッとなった。

「これは・・・・」

間違いない。この歌は子供の頃、とわと鶴丸の争いを止めるため、亀之丞が笛で吹いてくれた曲だ。

直虎と政次は部屋を飛び出し、高瀬にその歌をどこで覚えたのかと問う。

すると高瀬は「泣くなったおっかぁがよく口ずさんでおりやして」と答える。

政次が歌など証拠にならないと慰めるも、直虎はショックを隠しきれない。

「もうよういではないか。あれは井伊のために直親がよこしてくれた忘れ形見じゃ」と笑ってみせる直虎を、政次は痛ましそうに見つめた。

 

この後、直虎は高瀬を部屋に呼び、真の姫であることを伝えると、高瀬は安堵のあまり涙した。

直虎は「そなたは直親の娘で、これからは、われの娘じゃ」と言うと高瀬の涙を拭いてやり、自分には正しいことをしたのだと言い聞かせていた。

 

スポンサーリンク


 

ゲスい直親の本性

夕方、井戸端で直虎は気が抜けたように座っていた。

そこに、高瀬を直親の娘と認めたということを聞いたしのがやってくる。

直虎はしのに「まぁそういうことでな。井伊にはめでたくもう一人姫を得ることになったのじゃ。ついてはお披露目の席を設けるので虎松もお連れ下さい。」と言ったが、直虎は明らかに落ち込んでいる。

しのも、そんな直虎をバカにするような気持ちは無くなっていた。

しのはいたわるような声で「お寂しかったのですよ。直虎様を忘れておられたわけではないと思いますよ。」と直虎を慰める。

意外な展開に直虎は慌てて否定するも、しのは「そうでなければ、お二人の絆に心悩ませ続けた私も浮かばれませぬ。」と初めて胸の内をさらけ出した。

夫の一番大事なところにいるのは、出家した元許嫁。共に暮らし、肌を合わせ、尽くしても妻である自分は直虎の身代わりでしかない。嫉妬に苦しみぬいたが、虎松をみごもってやっと認められると思ったが、やはり最後の最後まで夫の心は直虎のものだった。

しのは直親が死んでも直虎を恨んだ。直虎を恨むことでしか、報われなった自分を救うすべを知らなかった。今日までは・・・

 

「では」と帰ろうとするしのに向かって、直虎はたまらず言い放った。

「直親が戻ってきたときに、なんと言うたと思う!」

しのの足が止まり、直虎は続けた。

「われが出家をし、竜宮小僧になると言ったと聞き、『はいつくばっても井伊に戻ろうと思った』と。」

「熱を出した時も、山中をさまよったときも、われの顔が浮かび、『もう一度、生きておとわに会うのだ』と・・・」

「『俺が戻ってこられたのはおとわのおかげじゃ』と、そう言うたのじゃ! まるで、夜も日も明けずわれのこと思うておったかのように!」

「どこぞの女子と戯れ、子までなしながら」

「そうじゃ!それだけではない!一緒になれぬなと告げたら、『おとわの人生を奪った』と、そうも言いおった!しかも『先に行ってくれ。葬らねばならぬのは、俺の心だ。』などと。歯の浮きそうな言葉まで吐きおったのじゃ!都合の悪いことは勝手に葬り去るくせに、ようも言うたものじゃ!」

「さようなことまで・・・・・」と、おとなしく聞いていたしのも、だんだんムカついてきた。

さらに直虎は言う。

「最後の最後など、なんと言うたと思う! われが男であったらよかったと言ったならば・・『それは困る。俺のたった一つの美しい思い出がなくなってしまう。』・・・ようもようも言うたものじゃ! のうなったのは、われの美しい思い出じゃ!!」

一気に怒りをブチまけた直虎に、しのは少し考えてから話し出す。

「・・・実は私、ずっと感じてはおったのですが・・・直親様は、己が清々しく見えることを明らかに知っておられ、そうしてそれを自在に使っておられたのではないかと。」

直虎は「しの殿も感じておられたか!」と思わず叫んだ。

次はしのは話す番だ。

「この際、言うてしまいますが、私がヤキモチを焼いたときなど、なんと言うておられたと思いますか。」

直虎も「なんと言うておったのじゃ」と思わず身を乗り出す。

「『しのの怒る顔が見れてよかった。次郎様に会ったかいがあった。』などと。」

「なんじゃあぁぁそりゃぁぁぁ」と直虎叫ぶ。

「虎松が生まれ、但馬(政次)が土地を戻したときなど、『全て、しのが虎松を産んでくれたおかげじゃ。俺はしのに井伊を捧げる。』と。」

それを聞いて直虎も「わ、われには、『井伊の姫に捧げましょう』と、そう言うておったぞ!」と激しく動揺する。

 

二人はしばらく目を合わせた。

しの:「なんという二枚舌・・・」

直虎:「二枚どころではない。きっと高瀬の母にも色よいことを言うておったに違いない!」

しの:「三枚舌でございますか!」

直虎:「違いあるまい!」

しの:「おのれ、スケコマシが!」

しのが般若のごとき形相で吐き捨てる。

すると、直虎は井戸に中に顔を突っ込み、「卑怯者ぉぉぉぉ~!先に逝ってしまいおって。これでは恨み言の一つも言えぬではないか!」と叫んだ。

しのも直虎にならい、「そうです!これではだまし討ちではありませぬか!」と井戸の中に叫ぶ。

「なんとか言え!このスケコマシがっ!!」

二人の罵倒がむなしく井戸の中で反響していた。

直虎:「・・・しかたがないから、育ててはやるわ。生きておりたかったと、大きゅうなるのを傍らで見ていたかったと、歯がみするほど、よい女子に育ててやるから・・・」

しの:「首を洗って待っておられませ!!」

直虎としのは顔を見合わせると肩を抱き合い、声をあげて泣いた。

二人を優しく包むように橘の木が風に揺れていた。

 

スポンサーリンク


 

 死せるゲス直親、直虎としのを仲直りさせる

高瀬のお披露目の日がやって来た。

しのと涙が涸れるまで大泣きしたせいか、直虎がすっかり落ち着いている。

井伊家一同に直虎は高瀬を直親の忘れ形見として紹介した。

教えたわけでもないのにきちんと挨拶する高瀬に直虎も感心していた。

宴が始まり、にぎやかになる中、高瀬が弟になる虎松に話しかけると、虎松は恥ずかしそうにモジモジしている。

しのが「虎松、姉上ですよ。」と言ってもモジモジ君だ。

「これ、虎松。きちんと返事をせよ」と直虎が軽く叱りつけると、周りの者はしのがまた怒りだすと思った。

しかし、しのは「虎松、殿のおっしゃるとおりに。」と直虎に微笑みかけている。

虎松と高瀬と囲み、直虎としのが和やかに話をしている光景に、政次も信じられないといった表情を浮かべた。

なつが「別の敵が現れて、敵同士、手を結んだのかもしれませぬ。」と言うので、政次は「死せる直親、生ける二人を結ばせるか・・・・」と三国志の故事を思い出していた。

 

読み書きできない高瀬もまた、虎松たちと共に龍潭寺で手習いを教わることになった。

子供たちの成長ぶりに感心している直虎に南渓が話しかけた。

南渓は、高瀬に井戸の中の赤子がなぜ助かったのかと井伊のご初代の逸話について問答すると、高瀬は「ご初代様は河三郎だったのでは?」と答えたという。

直虎はかつて「ご初代は竜宮小僧ではなかったのか」と答えた自分を思い出し笑った。

南渓は直虎に「ユキというのは、どこかおぬしに似ておったのかもしれぬな。」と言ってくる。

高瀬の母ユキが直虎に似ているから、亀之丞はユキにおとわの面影を見つけ、ユキを求めたのかもしれない。

直虎は明るく微笑む高瀬が、どこか自分に似ている気がするなと感じていた。

「そうなれば高瀬は間違いなくわれのの娘だ。」

涙ぐむ直虎と、それを笑う南渓。

そんな二人の背後に松平の無愛想な山伏・松下常慶が立っていた。

やっと井伊に姿を見せた常慶と話をするべく直虎と南渓は歩き出したが、そんな3人の姿をなぜか高瀬が見つめていた。

 

スポンサーリンク


 

松下常慶の情報

直虎は常慶に武田が今川切りに踏み切った背景を聞いた。

常慶は、これを陰で操っているのは織田信長であること、武田信玄は幽閉していた嫡男・義信と廃嫡し、4男の勝頼の妻に織田の姫を迎えること、今川と松平は手を結ぶことはあり得ないことを伝える。

井伊の周りの大国の情勢は大きく変わろうとしていた。

 

常慶が去ってから、寺で直虎は政次と碁を打ちながら、知り得た情報をつつみかくさず話す。

松平は織田の臣下扱い何もできず、瀬名に連絡が取れていない直虎を政次は心配してくれた。

当主は窮屈だと愚痴る直虎に、政次はいつ降りても構いませんぞと言い、最後の一手を「ごめん」と決める。

「あああぁぁ」と子供のように悔しがる直虎を見て、政次は目じりを下げて笑った。

 

こうして直虎が当主となったその年は暮れ、明けて正月となった。

織り上がった綿布を見て皆が喜んでいる中、一人で瀬戸方久は沈んでいた。

どうやら、駿府で完成間近だった種子島が、古参の商人たちに引き継がせると言われたらしい。

駿府のことをボロカスに言う方久は、新しい商売を見つけるべく直虎たちを気賀に誘った。

気賀は今川より格別に許され、侍の領主を置かない町である。

にぎやかな通りの一軒の店から、腰に水筒をぶら下げた男が出てきた。

その男は牢から逃げ出した盗賊団の男である。

直虎と男は互いに気づかないまま逆方向に歩き出したが、運命は二人をまたしても引き寄せようとしていた。

 

スポンサーリンク


次回 第21話あらすじ↓

大河ドラマ直虎21話あらすじ 直虎誘拐事件にセコム傑山発動!龍雲丸の正論に直虎が本心をブチまける第21話 5/28
はじめに 平成29年大河ドラマ「おんな城主 直虎」第21話のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。 詳細なネタバレもあるので先の展開を知りたくない方は、【ネタバ



直親の隠し子・高瀬と演じる高橋ひかるの画像

大河ドラマ直虎 直親の隠し子【高瀬】高橋ひかる演じるカワイイ少女が、しのと直虎を結び付ける【ネタバレ注意・画像あり】
直親の隠し子・高瀬について 高橋ひかる(髙橋ひかる)と画像 激しくネタバレしますのでご覚悟を! 出典:http://www.nhk.or.jp/



号泣必至!小野政次は裏切っていない?直虎を守る政次の筋書き

大河直虎 小野政次は裏切っていない?井伊家と直虎を守るための優しくも悲しい政次の筋書きとは?勝手に考えました。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、高橋一生が演じている小野政次ですが、当初は主人公の井伊直虎(柴咲コウ)、直虎の許嫁であった井伊直親の幼馴染として登場しており、井伊直親の死後は井伊


放送後の感想について

放送後に別ページにまとめています。

大河ドラマ直虎 第20話【感想】高瀬がカワイイ!クズ直親のスケコマシ騒動で井伊谷が沸いた第20話 5/21
大河ドラマ「おんな城主直虎」 第20話「第三の女」【感想】 この記事では大河ドラマ「おんな城主 直虎」の高瀬ショックで、直親の株が急落した第20話「第三の女」の感想と、



大河ドラマ「おんな城主 直虎」第16話~第20話までのあらすじ期待度まとめ

大河ドラマ直虎【あらすじ・ネタバレ・期待度まとめ】第16話~第20話
大河ドラマ「おんな城主 直虎」第16話~第20話 あらすじと期待度 はじめに NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」、第15回ぐらいまでの皆さんの評価ってどうなんでしょう


スポンサーリンク
 

あらすじリスト

大河ドラマ直虎 最終回あらすじ
大河ドラマ直虎 49話あらすじ
大河ドラマ直虎 48話あらすじ
大河ドラマ直虎 47話あらすじ
大河ドラマ直虎 46話あらすじ
大河ドラマ直虎 45話あらすじ
大河ドラマ直虎 44話あらすじ
大河ドラマ直虎 43話あらすじ
大河ドラマ直虎 42話あらすじ
大河ドラマ直虎 41話あらすじ
大河ドラマ直虎 40話あらすじ
大河ドラマ直虎 39話あらすじ
大河ドラマ直虎 38話あらすじ
大河ドラマ直虎 37話あらすじ
大河ドラマ直虎 36話あらすじ
大河ドラマ直虎 35話あらすじ
大河ドラマ直虎 34話あらすじ
大河ドラマ直虎 33話あらすじ
大河ドラマ直虎 32話あらすじ
大河ドラマ直虎 31話あらすじ
大河ドラマ直虎 30話あらすじ
大河ドラマ直虎 29話あらすじ
大河ドラマ直虎 28話あらすじ
大河ドラマ直虎 27話あらすじ
大河ドラマ直虎 26話あらすじ
大河ドラマ直虎 25話あらすじ
大河ドラマ直虎 24話あらすじ
大河ドラマ直虎 23話あらすじ
大河ドラマ直虎 22話あらすじ
大河ドラマ直虎 21話あらすじ
大河ドラマ直虎 20話あらすじ
大河ドラマ直虎 19話あらすじ
大河ドラマ直虎 18話あらすじ
大河ドラマ直虎 17話あらすじ
大河ドラマ直虎 16話あらすじ
大河ドラマ直虎 15話あらすじ
大河ドラマ直虎 14話あらすじ
大河ドラマ直虎 13話あらすじ
大河ドラマ直虎 12話あらすじ
大河ドラマ直虎 11話あらすじ
大河ドラマ直虎 10話あらすじ
大河ドラマ直虎 9話あらすじ
大河ドラマ直虎 8話あらすじ
大河ドラマ直虎 7話あらすじ
大河ドラマ直虎 6話あらすじ
大河ドラマ直虎 5話あらすじ
大河ドラマ直虎 4話あらすじ
大河ドラマ直虎 3話あらすじ
大河ドラマ直虎 2話あらすじ
大河ドラマ直虎 1話あらすじ

スポンサーリンク
 

「直虎外伝 しの」

大河ドラマ「おんな城主 直虎」における【しの】だけの物語を勝手に作ってみました。

しの伝 第1話【しのと亀之丞】
大河ドラマ直虎外伝 しの① 貫地谷しほりが演じる嫉妬深い直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」 しの とは 大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じています。 しのは、井伊

しの伝 第2話【再会と嫉妬】
大河ドラマ直虎外伝 しの② 貫地谷しほりが演じるうざい直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが、井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、直虎に敵意むき出し

しの伝 第3話【喜びと悲しみ】
大河ドラマ直虎外伝 しの③ 貫地谷しほりが演じるめんどくさい直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、周りから見ると非常に

しの伝 第4話【焦りと怒り】
大河ドラマ直虎外伝 しの④ こどもできる?貫地谷しほりが演じる直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、直親との間になかなか

しの伝 第5話【憎悪と覚悟】
大河ドラマ直虎外伝 しの⑤ 子供できる?貫地谷しほりが演じる直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、直親との間になかなか

しの伝 第6話【落胆と兆候】
大河ドラマ直虎外伝 しの⑥ 貫地谷しほりが演じる直虎を嫌うしのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く、いつまでも次郎(直虎)への憎悪が

しの伝 第7話【芽生えと誕生】
大河ドラマ直虎外伝 しの⑦ 虎松(井伊直政)誕生!貫地谷しほりが演じる母となったしのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く、いつまでも次郎(直虎)への憎悪が



スポンサーリンク

感想リスト

大河ドラマ直虎 最終回【感想】
大河ドラマ直虎 49話【感想】
大河ドラマ直虎 48話【感想】
大河ドラマ直虎 47話【感想】
大河ドラマ直虎 46話【感想】
大河ドラマ直虎 45話【感想】
大河ドラマ直虎 44話【感想】
大河ドラマ直虎 43話【感想】
大河ドラマ直虎 42話【感想】
大河ドラマ直虎 41話【感想】
大河ドラマ直虎 40話【感想】
大河ドラマ直虎 39話【感想】
大河ドラマ直虎 38話【感想】
大河ドラマ直虎 37話【感想】
大河ドラマ直虎 36話【感想】
大河ドラマ直虎 35話【感想】
大河ドラマ直虎 34話【感想】
大河ドラマ直虎 33話【感想追記】
大河ドラマ直虎 33話【感想】
大河ドラマ直虎 32話【感想】
大河ドラマ直虎 31話【感想】
大河ドラマ直虎 30話【感想】
大河ドラマ直虎 29話【感想】
大河ドラマ直虎 28話【感想】
大河ドラマ直虎 27話【感想】
大河ドラマ直虎 26話【感想】
大河ドラマ直虎 25話【感想】
大河ドラマ直虎 24話【感想】
大河ドラマ直虎 23話【感想】
大河ドラマ直虎 22話【感想】
大河ドラマ直虎 21話【感想】
大河ドラマ直虎 20話【感想】
大河ドラマ直虎 19話【感想】
大河ドラマ直虎 18話【感想】
大河ドラマ直虎 17話【感想】
大河ドラマ直虎 16話【感想】
大河ドラマ直虎 15話【感想】
大河ドラマ直虎 14話【感想】
大河ドラマ直虎 13話【感想】
大河ドラマ直虎 12話【感想】
大河ドラマ直虎 11話【感想】
大河ドラマ直虎 10話【感想】
大河ドラマ直虎 9話【感想】
大河ドラマ直虎 8話【感想】
大河ドラマ直虎 7話【感想】
大河ドラマ直虎 6話【感想】
大河ドラマ直虎 5話【感想】
大河ドラマ直虎 4話【感想】
大河ドラマ直虎 3話【感想】
大河ドラマ直虎 2話【感想】
大河ドラマ直虎 1話【感想】
大河ドラマ直虎 【序盤感想】

スポンサーリンク


直虎関係リスト


スポンサーリンク

 

 - 直虎あらすじ