おもしろきこともなき世をおもぶろぐ

歴史大好き葦尊彦による世の中のしょうもないことを前向きになるべく面白く考えていこうというお話。

大河ドラマ直虎19話あらすじ 龍雲丸脱走!直虎と氏真が激オコ!直親に隠し子?話題てんこもりの第19話 5/14

      2017/05/23

はじめに

平成29年大河ドラマ「おんな城主 直虎」第19話のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。

詳細なネタバレもあるので先の展開を知りたくない方は、【ネタバレ注意】は読まないほうがいいです。

たまに、私がところどころふざけてセリフや文章を考えて書いているところがありますが、決して本編の大河ドラマ「おんな城主 直虎」ではそのようなことはありません。

なお、放送後の感想については、別ページで書いていきますのでそちらもよろしくお願いします。


龍雲丸と龍雲党メンバーについて

大河ドラマ直虎 龍雲丸と龍雲党メンバー(モグラ、カジ、力也、ゴクウ)とは? 雲の如く自由に生きる個性的な者たち
大河ドラマ「おんな城主 直虎」 龍雲丸と龍雲党 大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、柳楽優弥が演じている龍雲丸は、直虎と知り合って協力したり、時にはぶつかったりしながら直


スポンサーリンク


第19話「罪と罰」5/14
NHK公式 あらすじ

近隣の領主である近藤康用(橋本じゅん)が直虎(柴咲コウ)のもとを訪れ、領内の山の木々を井伊の者に盗まれたと訴え出る。直虎は近藤の者の仕業ではないかと言い返し、二人は疑いを晴らすため、ともに盗伐のあった現場に向かう。荒らされた現場を検証していく直虎たちは、近藤領内だけでなく井伊領内の木々も盗まれてしまっていることに気づく。見張りをつけて山狩りをする両家はついに犯人を捕らえる。しかしそれは以前、直虎に人集めの知恵を授けた旅の男(柳楽優弥)だった。

NHK公式サイト 大河ドラマ「おんな城主 直虎」第19回「罪と罰」より抜粋

スポンサーリンク

第19話「罪と罰」5/14
ネタバレ注意

近藤康用の来訪

綿の収穫が終わった数日後、甚兵衛が館に直虎を訪ねてきた。

綿を布に加工した方が高く売れるのではないかという相談で、三河からやってきた又吉が方法を知っているらしい。

村の者の仕事が増えることに心配する直虎であったが、甚兵衛は女房たちもその方が喜ぶと言うので了承することにした。

 

井伊谷では綿がうまく回り始めたころ、瀬戸方久は種子島のことで四苦八苦していた。

今川にはいつできるのかと責められるし、駿府で「座」に入っている商人たちが商売を独占しているために一向に広げることができない。

直之は、方久が小野政次と組んで井伊谷の乗っ取りを企んでいるのではないかと心配したが、『敵も味方も欺くことで守る』の政次の策を知っている直虎は、「政次も当分は鳴りを潜めているだろう」と理由をつけてごまかしていた。

 

そこに弥吉がやってきて、井伊谷三人衆の近藤康用が来ていると報告する。

直虎たちは不思議に思ったが、近藤と対面することになった。

近藤は、井伊領内の人間が勝手に近藤領内に入り山の木を盗んだため、その盗人を引き渡して欲しいのだと言う。

全く予想もしていなかった話であったため、黙ってしまった直虎の代わりに中野直之が「井伊の者とは限りますまい」と返す。

近藤は最近、井伊にはどこの馬の骨とも知れぬ輩が入ってきているので、盗みを働いたのは間違いないと決めつけている。

直虎は井伊の者をかばうが、ああ言えばこう言う近藤と話していても埒があかない。

ついに直虎は「言いがかりだ!」とキレてしまった。

にらみ合う二人を見て奥山六左衛門は、勇気を振り絞り「では! 共に山狩りをしてはいかがでしょうか!」と提案した。

この提案に、二人は冷静になり、共に山狩りを行うことにするのであった。

 

スポンサーリンク


 

山狩り

翌日、盗伐のあった現場に来た直虎は、あまりの被害の大きさに言葉を失った。

領地の境目で行われている盗伐は、きれいに近藤領内だけ被害がある。

この事実に直虎は困惑していた時、村人が駆け込んできた。

村人は近藤領内の木も盗伐されていることを報告する。

近藤は、井伊の者の仕業ではないと見せかけるために昨夜急いで木を切りにきたのではないかと言ってきたが、昨日の今日でそんなことができるわけがない。

またしても口論になる直虎と近藤であったが、またしても六左衛門が「盗人を捕らえましょう! 捕らえれば、それで済む話です。」と二人を諭した。

そして二人は「捜せ!」と仲良く口をそろえて命じるのであった。

 

その後、山に残った直之からずっと音沙汰がないため、直虎は龍潭寺の傑山を借りて山狩り現場に向かった。

山では、近藤は捕まえるまでやめないと言うので、直之は三日間も張り込んでいた。

すると突然、物騒な物音が聞こえてくる。

直之は現場に急行すると、近藤配下の者たちが大捕り物を繰り広げていた。

しかし、手段を選ばない盗賊団に苦戦している様子だ。

いざ捕らえようとしても、木陰から吹き矢で助ける者もいる。

直之は、木々の間で動く影を見つけ、「そこか!」と叫ぶやいなや、傑山が弓を射た。

矢に驚き、転がり落ちてきた人影に一斉に飛びかかる。

取り押さえたところに、ちょうど遅れてやってきた直虎が男の顔を見て驚いた。

井戸端で水浴びをしていたあの旅人である。

知り合いかと尋ねる近藤に、直虎も答えあぐねている。

すると男は、「おいらは旅の流れ者でございまして、ふとした折に、水をお恵みいただいただけのことでございますよ。」と直虎に助け船を出した。

「なにが流れ者じゃ!」と怒る近藤は刀を抜く。

その時、直虎は「お待ちくだされ!この男を捕らえたは、ここにおる中野にございます!捕らえたのはこちら!ならばこの男の処分は井伊にて致したく存じます!」と口を出した。

引き下がる様子もない直虎に、近藤もしぶしぶ刀を納めて事なきを得た。

その場で殺されなった男はあからさまにほっとするのであった。

 

スポンサーリンク


 

直虎の裁定

とにもかくにも直虎は男を連れ帰って、傑山を見張りにつけ館の牢に放り込んだ。

早速、直之が二人の関係を聞いてくる。

直虎は、人を集めているときと虎松が寺にこなくなったときに、あの男の知恵を貸してもらったことがあると答えると、六左衛門も「それは井伊にとってはありがたい。」と発言した。

直之は、こんなバカのつくお人よしが戦国の世に、なぜ井伊家に二人も生まれてきたのかと大きなため息をついた。

そして、直之は男の打ち首を主張し、直虎を責め立てる。

さすがに直虎もひるんでしまい、助けを求めるように六左衛門を見ると、六左衛門は「あ、あの、とりあえず但馬(政次)殿のお帰りをお持ちしては。」と言う。

直虎も「但馬の裁定を仰がねば、あとで何を言われるか分かったものではあるまいし!」と続いた。

うまく逃げられてしまった直之は、内心舌打ちしつつ直虎の判断に従うことにするのであった。

 

翌日、駿府から戻ってきた政次に、直之が盗賊団の一件を説明した。

無表情の政次に、どのようにしたらよいかと直虎も尋ねる。

政次は打ち首が相当であると言い、直之も、やはりな、という顔をする。

政次の主張が打ち首であるかと再度確認すると、直虎は「では、打ち首にはせぬ!」と言い放ち、その場にいた全員が驚いているのを尻目にさっさと部屋を出て行く。

当然、直之は追いかけてきて訳を聞く。

すると直虎は、「但馬がせよということをすれば、罠にかかることになるとは思わぬか?」と答える。

では、どうするのかと問いかける直之に、直虎は盗人もバカではないので百叩きにでもして放り出せば、二度と井伊には来ないだろうと自論を述べた。

 

部屋に取り残された政次と六左衛門。

政次は、直虎がなぜあんなおかしいことをするのかと尋ねると、六左衛門は「どうも知り合いのようなのです。」とアッサリ口を割った。

これを聞いて政次はあきれ果てたようなため息をつくのであった。

 

スポンサーリンク


 

政次が簡単におれる

納得のいかない直之は、近藤にどのように説明するのか、としつこく直虎を責めてくる。

あまりのしつこさに直虎は「ピッタリ張り付きよって!お前は鳥もちか!下がれ!女子の部屋じゃぞ!」と暴言を吐く。

都合よく女子であることを持ち出してくる直虎に、直之もブチギレ。

にらみ合う二人のもとに、小坊主から和尚様が直虎に話があると報告を受ける。

これ幸いとばかりに、不満そうな直之を残して直虎は龍潭寺に向かった。

 

南渓の部屋の襖を開けると、南渓の向かいに政次が座っている。

気まずそうな顔をした南渓はさっさと部屋をでたため、直虎が南渓を追いかけようとすると政次に行く手を塞がれた。

政次は、男を見逃せば井伊は盗人を打ち首にしないところと噂が立ち、盗人たちがどんどん入ってくると言う。

さらに、知り合いは助け、知らない者は打ち首にするというのは間違っているとガンガン痛いところを突いてくる。

追い詰められた直虎は、人が足りていない井伊でただ働きをさせるのはどうかと代案を出した。

これにアッサリ了承する政次。

政次は、言いだしたら言うことを聞かない直虎の性格が分かっていた。

 

男の話は終わり、今度は今川の話に移った。

政次が言うには、寿桂尼が息を吹き返し、武田信玄に義信の幽閉を解くように働きかけているという。

さらに政次は、今川が武田とうまくいかなくなれば、今川と松平が和睦する可能性もあるという。

そうなれば、井伊は武田と戦うことになるため、直虎はゴクリと唾を飲んだ。

そして、報告を終えると政次は去っていった。

寺に残った直虎は、戻ってきた南渓に今川、武田、松平の状況を説明していたが、何をどうすればいいか分からず頭をかきむしるのであった。

 

スポンサーリンク


 

守るべきもの

牢にいる男は、見張りの傑山に、なぜ女が領主をやっているのかと聞いている。

傑山は無視するが、めげずに話しかけてくる。

さすがの傑山も、ついにはおれて直虎になるまでのいきさつを男に話した。

家のために生きる直虎のことが男は理解できなかった。

傑山は、明日打ち首になるかもしれない身なのに落ち着き払っている男の姿に気になりつつも、交代の時間がきたので牢番を六左衛門と代わった。

 

その夜、中野の屋敷を政次が訪ねてきた。

直之は警戒しつつ応対する。

すると政次は、盗人を捕まえた時の近藤の様子を聞いてきた。

近藤は怒り狂っていたことを知ると政次は、やはり盗人は近藤に引き渡そうと言いだし、直虎に任せるとややこしくなるから近藤には私から一言申し上げておくと言い残すと立ち去っていった。

 

翌日、直虎が龍潭寺で子供たちと何やら問答している。

それは、盗みを働いた者にどのような罰を与えるかというものであった。

虎松が、盗人が木を切ったのであれば、逆に木を植えさせるのはどうかと言うと、直虎は「それはよい!」と思わず膝を打った。

しかし、直久(直之の弟)に同様の質問をすると、昨夜の政次と直之の会話の内容を話し出した。

直久は立ち聞きしていたのだという。

これを聞いて怒った直虎は、館に戻り直之を締め上げる。

直之は今回ばかりは政次の言うことの方が正しいと譲らない。

話にならないと知った直虎は、次は小野屋敷に乗り込む。

庭先に着いた時、ちょうど使いの家人が書状を持って出発しようとしていた。

取り上げようとする直虎を、政次が羽交い絞めにしている間に、家人は戸惑いながらも出て行った。

直虎は政次の腕を振るほどき、振り向きざまに叫んだ。

「戦わぬして勝つ。つまりは命のやりとりでしか事を収められないのは良いことではないという考えじゃ。偉そうに説教を垂れたそなたが、なぜ、ちっぽけな盗人一人の命を取ろうとする!生きておればそれだけで血が流れる。ケガもする。病にもかかる。戦に巻き込まれる。わざわざ血を流すことはない! ウンヌンカンヌン!!」

今度は政次の番だ。

「では言わせてもらうが、あの男が虎松をさらったりすればどうする? 殿が今守らねばならないものはなんだ?」

反論できない直虎。

すると直之が転がり込むように入ってきた。

 

スポンサーリンク


 

直虎も氏真も、激オコプンプン丸

直之の報告を受け、戻った直虎は館の裏手がぽっかり穴の開いていることに驚く。

どうやら男は隠し持っていた吹き矢で六左衛門を眠らせ、トイレの穴からこの裏手まで続く隠れ道を使い逃げたらしい。

数日の間にこれが出来るということは、一味には金堀りをしている者がいるのであろう。

直虎は「これではわれは阿呆みたいではないか!」と叫ぶと、政次は「自業自得」と冷たく言った。

そんな政次の言葉が耳に入らないほど直虎は怒り心頭。

「もう情けはかけぬ。次会ったら、のこぎり引きの刑にしてぶっ殺す!!」

裏切りというものは女を簡単に豹変させるものである・・・

 

あの男は、浜名湖で体を洗い流し、財宝の代わりに面白いお宝を見つけたと思っていた。

手にはなぜか、ずっと返しそびれている直虎の水筒があった。

 

一方、今川館では今川氏真が武田の書状を持ってプルプルしていた。

書状からは、武田が話に応じるつもり気はないということがよく分かる。

そんな氏真を横目に、不死身の寿桂尼は全く動じる気配もない。

寿桂尼は氏真に松平と手を組むよう進言するのであった。

 

そして、直虎にも大事件が起ころうとしていた。

祐椿尼がある日、直虎に話しかける。

祐椿尼:「落ち着いてきくのですよ。今、寺のほうに直親の娘と名乗る者が訪ねて来たそうです。」

直虎:「はぁ、直親の娘・・・・・!? なぬ!?」

直虎を気遣い、祐椿尼は一人で会ってくると言うが、直虎は「これは井伊家の一大事!私が行かなくて誰がいきますか!」と寺に行こうとするが、直虎は全く動揺が隠せていないのであった。

 

スポンサーリンク


次回 直親に隠し子発覚!しのと直虎が仲直り?第20話のあらすじ

大河ドラマ直虎20話あらすじ クズ!ゲス直親の隠し子(高瀬)騒動で直虎としのが仲直りした第20話 5/21
はじめに 平成29年大河ドラマ「おんな城主 直虎」第20話のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。 詳細なネタバレもあるので先の展開を知りたくない方は、【ネタバ


直親の隠し子・高瀬と演じる高橋ひかるの画像

大河ドラマ直虎 直親の隠し子【高瀬】高橋ひかる演じるカワイイ少女が、しのと直虎を結び付ける【ネタバレ注意・画像あり】
直親の隠し子・高瀬について 高橋ひかる(髙橋ひかる)と画像 激しくネタバレしますのでご覚悟を! 出典:http://www.nhk.or.jp/


直虎と仲直りするしののストーリー

大河ドラマ直虎 しの ゲス直親のおかげで直虎と仲直り?虎松の母しのという女性(貫地谷しほり)のストーリー
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で登場する【しの】とは 大河ドラマ直虎で、しの という女性は、奥山朝利(でんでん)の娘であり、井伊直親(三浦春馬)に妻となって、井伊



号泣必至!小野政次は裏切っていない?直虎を守る政次の筋書き

大河直虎 小野政次は裏切っていない?井伊家と直虎を守るための優しくも悲しい政次の筋書きとは?勝手に考えました。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、高橋一生が演じている小野政次ですが、当初は主人公の井伊直虎(柴咲コウ)、直虎の許嫁であった井伊直親の幼馴染として登場しており、井伊直親の死後は井伊


スポンサーリンク

放送後の感想について

放送後に別ページにまとめています。

大河ドラマ直虎 第19話【感想】近藤康用の毛が濃すぎ!セコム傑山が直虎の個人情報を流出した第19話 5/14
大河ドラマ「おんな城主直虎」 第19話「罪と罰」【感想】 この記事では、大河ドラマ「おんな城主 直虎」第19話「罪と罰」の感想と、勝手にMVPを決めています。



大河ドラマ「おんな城主 直虎」第16話~第20話までのあらすじ期待度まとめ

大河ドラマ直虎【あらすじ・ネタバレ・期待度まとめ】第16話~第20話
大河ドラマ「おんな城主 直虎」第16話~第20話 あらすじと期待度 はじめに NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」、第15回ぐらいまでの皆さんの評価ってどうなんでしょう


スポンサーリンク
 

あらすじリスト

大河ドラマ直虎 46~最終回あらすじと期待度
大河ドラマ直虎 41~45話あらすじと期待度
大河ドラマ直虎 36~40話あらすじと期待度
大河ドラマ直虎 31~35話あらすじと期待度
大河ドラマ直虎 26~30話あらすじと期待度
大河ドラマ直虎 21~25話あらすじと期待度
大河ドラマ直虎 16~20話あらすじと期待度
大河ドラマ直虎 1~15話あらすじと期待度

大河ドラマ直虎 最終回あらすじ
大河ドラマ直虎 49話あらすじ
大河ドラマ直虎 48話あらすじ
大河ドラマ直虎 47話あらすじ
大河ドラマ直虎 46話あらすじ
大河ドラマ直虎 45話あらすじ
大河ドラマ直虎 44話あらすじ
大河ドラマ直虎 43話あらすじ
大河ドラマ直虎 42話あらすじ
大河ドラマ直虎 41話あらすじ
大河ドラマ直虎 40話あらすじ
大河ドラマ直虎 39話あらすじ
大河ドラマ直虎 38話あらすじ
大河ドラマ直虎 37話あらすじ
大河ドラマ直虎 36話あらすじ
大河ドラマ直虎 35話あらすじ
大河ドラマ直虎 34話あらすじ
大河ドラマ直虎 33話あらすじ
大河ドラマ直虎 32話あらすじ
大河ドラマ直虎 31話あらすじ
大河ドラマ直虎 30話あらすじ
大河ドラマ直虎 29話あらすじ
大河ドラマ直虎 28話あらすじ
大河ドラマ直虎 27話あらすじ
大河ドラマ直虎 26話あらすじ
大河ドラマ直虎 25話あらすじ
大河ドラマ直虎 24話あらすじ
大河ドラマ直虎 23話あらすじ
大河ドラマ直虎 22話あらすじ
大河ドラマ直虎 21話あらすじ
大河ドラマ直虎 20話あらすじ
大河ドラマ直虎 19話あらすじ
大河ドラマ直虎 18話あらすじ
大河ドラマ直虎 17話あらすじ
大河ドラマ直虎 16話あらすじ
大河ドラマ直虎 15話あらすじ
大河ドラマ直虎 14話あらすじ
大河ドラマ直虎 13話あらすじ
大河ドラマ直虎 12話あらすじ
大河ドラマ直虎 11話あらすじ
大河ドラマ直虎 10話あらすじ
大河ドラマ直虎 9話あらすじ
大河ドラマ直虎 8話あらすじ
大河ドラマ直虎 7話あらすじ
大河ドラマ直虎 6話あらすじ
大河ドラマ直虎 5話あらすじ
大河ドラマ直虎 4話あらすじ
大河ドラマ直虎 3話あらすじ
大河ドラマ直虎 2話あらすじ
大河ドラマ直虎 1話あらすじ

スポンサーリンク
 

感想リスト

大河ドラマ直虎 最終回【感想】
大河ドラマ直虎 49話【感想】
大河ドラマ直虎 48話【感想】
大河ドラマ直虎 47話【感想】
大河ドラマ直虎 46話【感想】
大河ドラマ直虎 45話【感想】
大河ドラマ直虎 44話【感想】
大河ドラマ直虎 43話【感想】
大河ドラマ直虎 42話【感想】
大河ドラマ直虎 41話【感想】
大河ドラマ直虎 40話【感想】
大河ドラマ直虎 39話【感想】
大河ドラマ直虎 38話【感想】
大河ドラマ直虎 37話【感想】
大河ドラマ直虎 36話【感想】
大河ドラマ直虎 35話【感想】
大河ドラマ直虎 34話【感想】
大河ドラマ直虎 33話【感想追記】
大河ドラマ直虎 33話【感想】
大河ドラマ直虎 32話【感想】
大河ドラマ直虎 31話【感想】
大河ドラマ直虎 30話【感想】
大河ドラマ直虎 29話【感想】
大河ドラマ直虎 28話【感想】
大河ドラマ直虎 27話【感想】
大河ドラマ直虎 26話【感想】
大河ドラマ直虎 25話【感想】
大河ドラマ直虎 24話【感想】
大河ドラマ直虎 23話【感想】
大河ドラマ直虎 22話【感想】
大河ドラマ直虎 21話【感想】
大河ドラマ直虎 20話【感想】
大河ドラマ直虎 19話【感想】
大河ドラマ直虎 18話【感想】
大河ドラマ直虎 17話【感想】
大河ドラマ直虎 16話【感想】
大河ドラマ直虎 15話【感想】
大河ドラマ直虎 14話【感想】
大河ドラマ直虎 13話【感想】
大河ドラマ直虎 12話【感想】
大河ドラマ直虎 11話【感想】
大河ドラマ直虎 10話【感想】
大河ドラマ直虎 9話【感想】
大河ドラマ直虎 8話【感想】
大河ドラマ直虎 7話【感想】
大河ドラマ直虎 6話【感想】
大河ドラマ直虎 5話【感想】
大河ドラマ直虎 4話【感想】
大河ドラマ直虎 3話【感想】
大河ドラマ直虎 2話【感想】
大河ドラマ直虎 1話【感想】
大河ドラマ直虎 【序盤感想】

スポンサーリンク


直虎関係リスト


スポンサーリンク

「直虎外伝 しの」

大河ドラマ「おんな城主 直虎」における【しの】だけの物語を勝手に作ってみました。

しの伝 第1話【しのと亀之丞】
大河ドラマ直虎外伝 しの① 貫地谷しほりが演じる嫉妬深い直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」 しの とは 大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じています。 しのは、井伊

しの伝 第2話【再会と嫉妬】
大河ドラマ直虎外伝 しの② 貫地谷しほりが演じるうざい直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが、井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、直虎に敵意むき出し

しの伝 第3話【喜びと悲しみ】
大河ドラマ直虎外伝 しの③ 貫地谷しほりが演じるめんどくさい直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、周りから見ると非常に

しの伝 第4話【焦りと怒り】
大河ドラマ直虎外伝 しの④ こどもできる?貫地谷しほりが演じる直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、直親との間になかなか

しの伝 第5話【憎悪と覚悟】
大河ドラマ直虎外伝 しの⑤ 子供できる?貫地谷しほりが演じる直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、直親との間になかなか

しの伝 第6話【落胆と兆候】
大河ドラマ直虎外伝 しの⑥ 貫地谷しほりが演じる直虎を嫌うしのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く、いつまでも次郎(直虎)への憎悪が

しの伝 第7話【芽生えと誕生】
大河ドラマ直虎外伝 しの⑦ 虎松(井伊直政)誕生!貫地谷しほりが演じる母となったしのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く、いつまでも次郎(直虎)への憎悪が



スポンサーリンク

 - 直虎あらすじ