大河ドラマ「おんな城主直虎」第12話あらすじ・ネタバレ・感想 3/26

      2017/03/29

はじめに


平成29年大河ドラマ「おんな城主 直虎」第12話のあらすじ・ネタバレ・感想について書いていきます。

大河ドラマ「おんな城主 直虎」ともども1年間よろしくお願いします。と言いたいところですけど、あまりに面白くなければ書くに値しないと判断して途中でやめるかもしれません。

一応、最後の一兵(視聴者)になるまで辛抱強く頑張るつもりです。応援よろしくお願いします。

詳細なネタバレもあるので先の展開を知りたくない方は、【ネタバレ注意】は読まないほうがいいです。

たまに、私がところどころふざけてセリフや文章を考えて書いているところがありますが、決して本編の大河ドラマ「おんな城主 直虎」ではそのようなことはありません。

なお、放送後の感想については、別ページで書いていきますのでそちらもよろしくお願いします。

001_size6

出展:http://mantan-web.jp/


スポンサーリンク


第12話「おんな城主直虎」3/26
NHK公式 あらすじ

今川からの呼び出しに応じ、駿府へ向かった直親(三浦春馬)たち一行は、次郎法師(柴咲コウ)の必死の祈りもむなしく、道中の掛川城下で今川勢に取り囲まれる。しの(貫地谷しほり)は、こんな事態を引き起こしたのは次郎法師だと責めたてる。今川から嫡男・虎松の命も差し出すようにと命じられた井伊家。新野左馬助(苅谷俊介)は今川氏真(尾上松也)に虎松の助命を願うため、駿府へ向かうが、引き換えに思いもよらぬことを仰せつかる。

NHK公式サイト 大河ドラマ「おんな城主 直虎」第12回「おんな城主直虎」より抜粋

スポンサーリンク

第12話「おんな城主直虎」3/26
ネタバレ注意

 駿府に向かう途中の掛川城の城下で、井伊直親一行は今川の手の者に襲われていた。

一方、次郎は直親の無事を祈り、冷水を浴びて身を浄める水垢離を行っていた。

そんな次郎は、直親の幻を見た直後にぶっ倒れる。

その日の夕方、傷だらけの直親の従者によって、直親死すの訃報が伝えられた。

それを聞いた一族の重鎮・井伊直平は、弁明の場すら与えられなかったことに憤り、「最初からそのつもりなら切腹でいいのではないか。」と激昂。

この理不尽な仕打ちは裏切りが続出する遠江の国衆への見せしめでもあった。

後日、南渓らは掛川に赴き、野ざらしにされていた直親の遺体を引き揚げる。

あまりにむごい殺され方に、龍潭寺の僧・傑山は怒り心頭。

一方、倒れた次郎は生死の境を彷徨っていた。

死んだ直親が次郎を連れて行こうとしていると感じた祐椿(千賀より改名)は「次郎の手を放して欲しい」と懇願する。

次郎は、目を覚まし「殿のお帰りじゃー。」の声に反応してフラッフラになりながら龍潭寺境内に向かう。

境内に運び込まれた遺体の中から、次郎は直親の遺体を見つけ触れようとするが、直親の妻・しのに手を払われる。

しのは、次郎が瀬名を助けたこと、政次を成敗しなかったことがこのような結果を招いたと思っていた。

しのは次郎に「全部お前のせいだ。のこのこ面みせやがって。」と言い放つ。

次郎も、その通りだと思いすごすご部屋に引きこもった。

息子(直満)、娘(佐名)、孫(直盛、直親)に先立たれて嘆く直平に、南渓は「まずは虎松を逃がす準備をしよう。」と説く。

後日、葬儀が行われたが、今川氏から虎松の殺害を命じられる。

直平をはじめとする家臣たちは虎松を逃がそうとするが、しのが許さない。

しのはまだ2歳の虎松につらい思いをして欲しくなかった。

すると、新野左馬助が「自分の命と引き換えに虎松の命乞いをしてくる。」と言いだし駿府に向かう。

当然、今川氏真はザコの命なんかで許すはずなかった。

欲しい首があった氏真は、代わりにその首を取ってくるよう命じる。

こうして、井伊家は虎松を救うため、交換条件に従おうとする。

しかし、この交換条件の策を氏真に授けていたのは政次であった。

そんな政次のもとに、松平元康の家臣が上宮寺で狼藉を働き、一向宗の怒りを買っているという情報が届く。

政次はこれを利用すれば元康の足をすくえると氏真に進言する。

それから間もなくして、三河一向一揆が勃発。

これによって元康の勢いはそがれて、今川家は有利な状況になる。

一方、次郎は完全に引きこもり状態。

その間、農民たちが次郎の手を借りにきたが、昊天が申し出を断っていた。

しょんぼり帰っていく農民を遠目で見ている次郎のもとに、南渓が酒を持ってやってくる。

南渓は次郎に、この酒を出陣間近の直平のもとに持っていくよう言いつける。

直平のところへ赴いた次郎は、年寄りの直平がなぜ出陣するのか理由がわからない。

しかし、もう井伊家には戦の采配ができる男子は、直平、中野直由、新野左馬助しか残っていなかった。

笑いながら豪快に酒を飲み交わす3人とは対照的に、次郎は3人がいなくなったら井伊家はどうなるのかと心配する。

すると直平たちは必ず戻ると誓い、「何かあったとしても誰のせいでもなく天命」だと次郎を諭した。

泣きそうな次郎に直平は酒を注ぎ、「次郎が女子で良かった。先に死なれずにすみそうだ。」と感じていた。

その夜、酔っ払いの次郎は、南渓に「男子でもなく、戦にも行かず、子もいない。私は無用の長物」と話す。

南渓は哀れに思い、次郎をヨシヨシしてあげた。

その年、直平は今川家を裏切った天野氏討伐に向かうが、陣中で不審死する。また、左馬助、直由も戦死。

やがて、氏真から指名された3人の目付、近藤康用、鈴木重時、菅沼忠久を連れて、政次が井伊家の館に帰ってきた。

政次は、「いやぁ今川に捕らえられて、えらい目にあったっすわー。でも戦死した直平たちの忠義が認められて帰ってこれたよ。」と告げる。

これを聞いた祐椿は、「うそくせー」と皮肉。

そんな祐椿に政次は、「氏真様より虎松の後見になるよう命令されたよ。」と通達。

その後、酒をあおる次郎と政次は再会。

次郎は、政次が今川に監禁されていたと思っていたが、話している間に「こいつ、うそくさい。」と思い始める。

「ついに井伊谷から誰もいなくなったから、後継者に私が帰ってきたのだ。」と話す政次に、酔っ払い次郎は「みんな死んだのに、なんでお前生きてんの?」とからむ。

さらに、「計画的に裏切った? 裏切らざる得なかった?」と尋問すると、政次は「恨むなら直親を恨めば。ヘタこいたのアイツなんだし。何度も何度も、同じ失敗繰り返して井伊家はマジ終わってる。」と返答し去っていった。

一方、祐椿は南渓に虎松の後見になって欲しかったが、南渓は「次郎」の名を持つ者こそ井伊家を継ぐ者だとして、次郎を後見に推す。

そのころ次郎は、井伊家がこんなことになったのは自分のせいだと思いこみ、自暴自棄になって政次を殺そうとする。

その時、寺の小坊主の「次郎さんは井伊谷の竜宮小僧ではなかったのか?」の発言に、次郎は思いとどまる。

そして南渓の「死んだ者を偲ぶことで、生きてる者は死んだ者を自分の中に生かすことができる。」との発言に次郎は完全に覚醒。

亀(直親)に、この身を捧げる。亀の魂を宿し、亀となって生きていく。

直親が最後に言った「戻ったら一緒になろう。」の言葉を思い出し、次郎はその意味を噛みしめる。

後日、みんなの前で南渓が「えーと、虎松の後見は井伊直虎がなります。」とサラッと爆弾発言。

家臣一同、「そうか~やっぱりな~

家臣一同、「ん?今なんて?

家臣一同、「直トラ?・・・誰?それ?

家臣A、「お前知ってる?

家臣B、「しらん。

家臣A、「だよね。

そこに華やかに直虎こと次郎が満を持して登場。

一同、「えぇぇぇぇぇぇぇっ


次回 第13話あらすじ↓

大河ドラマ「おんな城主直虎」第13話あらすじ・ネタバレ・感想 4/2
はじめに 平成29年大河ドラマ「おんな城主 直虎」第13話のあらすじ・ネタバレ・感想について書いていきます。 大河ドラマ「おんな城主 直虎」ともども1年間よろしくお


スポンサーリンク

放送後の感想について

放送後に別ページにまとめています。

大河ドラマ直虎 第12話【感想】泣けた。直親の死、政次はもはや別人、直虎登場シーンがかっこいい第12話
大河ドラマ「おんな城主直虎」 第12話「おんな城主直虎」【感想】 出典:https://www.instagram.com/   大河ドラマ「おんな城主 直


スポンサーリンク
 

あらすじリスト

大河ドラマ直虎 最終回あらすじ
大河ドラマ直虎 49話あらすじ
大河ドラマ直虎 48話あらすじ
大河ドラマ直虎 47話あらすじ
大河ドラマ直虎 46話あらすじ
大河ドラマ直虎 45話あらすじ
大河ドラマ直虎 44話あらすじ
大河ドラマ直虎 43話あらすじ
大河ドラマ直虎 42話あらすじ
大河ドラマ直虎 41話あらすじ
大河ドラマ直虎 40話あらすじ
大河ドラマ直虎 39話あらすじ
大河ドラマ直虎 38話あらすじ
大河ドラマ直虎 37話あらすじ
大河ドラマ直虎 36話あらすじ
大河ドラマ直虎 35話あらすじ
大河ドラマ直虎 34話あらすじ
大河ドラマ直虎 33話あらすじ
大河ドラマ直虎 32話あらすじ
大河ドラマ直虎 31話あらすじ
大河ドラマ直虎 30話あらすじ
大河ドラマ直虎 29話あらすじ
大河ドラマ直虎 28話あらすじ
大河ドラマ直虎 27話あらすじ
大河ドラマ直虎 26話あらすじ
大河ドラマ直虎 25話あらすじ
大河ドラマ直虎 24話あらすじ
大河ドラマ直虎 23話あらすじ
大河ドラマ直虎 22話あらすじ
大河ドラマ直虎 21話あらすじ
大河ドラマ直虎 20話あらすじ
大河ドラマ直虎 19話あらすじ
大河ドラマ直虎 18話あらすじ
大河ドラマ直虎 17話あらすじ
大河ドラマ直虎 16話あらすじ
大河ドラマ直虎 15話あらすじ
大河ドラマ直虎 14話あらすじ
大河ドラマ直虎 13話あらすじ
大河ドラマ直虎 12話あらすじ
大河ドラマ直虎 11話あらすじ
大河ドラマ直虎 10話あらすじ
大河ドラマ直虎 9話あらすじ
大河ドラマ直虎 8話あらすじ
大河ドラマ直虎 7話あらすじ
大河ドラマ直虎 6話あらすじ
大河ドラマ直虎 5話あらすじ
大河ドラマ直虎 4話あらすじ
大河ドラマ直虎 3話あらすじ
大河ドラマ直虎 2話あらすじ
大河ドラマ直虎 1話あらすじ

スポンサーリンク
 

感想リスト

大河ドラマ直虎 最終回【感想】
大河ドラマ直虎 49話【感想】
大河ドラマ直虎 48話【感想】
大河ドラマ直虎 47話【感想】
大河ドラマ直虎 46話【感想】
大河ドラマ直虎 45話【感想】
大河ドラマ直虎 44話【感想】
大河ドラマ直虎 43話【感想】
大河ドラマ直虎 42話【感想】
大河ドラマ直虎 41話【感想】
大河ドラマ直虎 40話【感想】
大河ドラマ直虎 39話【感想】
大河ドラマ直虎 38話【感想】
大河ドラマ直虎 37話【感想】
大河ドラマ直虎 36話【感想】
大河ドラマ直虎 35話【感想】
大河ドラマ直虎 34話【感想】
大河ドラマ直虎 33話【感想追記】
大河ドラマ直虎 33話【感想】
大河ドラマ直虎 32話【感想】
大河ドラマ直虎 31話【感想】
大河ドラマ直虎 30話【感想】
大河ドラマ直虎 29話【感想】
大河ドラマ直虎 28話【感想】
大河ドラマ直虎 27話【感想】
大河ドラマ直虎 26話【感想】
大河ドラマ直虎 25話【感想】
大河ドラマ直虎 24話【感想】
大河ドラマ直虎 23話【感想】
大河ドラマ直虎 22話【感想】
大河ドラマ直虎 21話【感想】
大河ドラマ直虎 20話【感想】
大河ドラマ直虎 19話【感想】
大河ドラマ直虎 18話【感想】
大河ドラマ直虎 17話【感想】
大河ドラマ直虎 16話【感想】
大河ドラマ直虎 15話【感想】
大河ドラマ直虎 14話【感想】
大河ドラマ直虎 13話【感想】
大河ドラマ直虎 12話【感想】
大河ドラマ直虎 11話【感想】
大河ドラマ直虎 10話【感想】
大河ドラマ直虎 9話【感想】
大河ドラマ直虎 8話【感想】
大河ドラマ直虎 7話【感想】
大河ドラマ直虎 6話【感想】
大河ドラマ直虎 5話【感想】
大河ドラマ直虎 4話【感想】
大河ドラマ直虎 3話【感想】
大河ドラマ直虎 2話【感想】
大河ドラマ直虎 1話【感想】
大河ドラマ直虎 【序盤感想】

スポンサーリンク


「直虎外伝 しの」

大河ドラマ「おんな城主 直虎」における【しの】だけの物語を勝手に作ってみました。

しの伝 第1話【しのと亀之丞】
大河ドラマ直虎外伝 しの① 貫地谷しほりが演じる嫉妬深い直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」 しの とは 大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じています。 しのは、井伊

しの伝 第2話【再会と嫉妬】
大河ドラマ直虎外伝 しの② 貫地谷しほりが演じるうざい直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが、井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、直虎に敵意むき出し

しの伝 第3話【喜びと悲しみ】
大河ドラマ直虎外伝 しの③ 貫地谷しほりが演じるめんどくさい直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、周りから見ると非常に

しの伝 第4話【焦りと怒り】
大河ドラマ直虎外伝 しの④ こどもできる?貫地谷しほりが演じる直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、直親との間になかなか

しの伝 第5話【憎悪と覚悟】
大河ドラマ直虎外伝 しの⑤ 子供できる?貫地谷しほりが演じる直親の妻しのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く描かれており、直親との間になかなか

しの伝 第6話【落胆と兆候】
大河ドラマ直虎外伝 しの⑥ 貫地谷しほりが演じる直虎を嫌うしのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く、いつまでも次郎(直虎)への憎悪が

しの伝 第7話【芽生えと誕生】
大河ドラマ直虎外伝 しの⑦ 虎松(井伊直政)誕生!貫地谷しほりが演じる母となったしのの目線で勝手に物語を考える。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で貫地谷しほりが井伊直親(三浦春馬)の妻の しのという女性を演じていますが、大河ドラマ直虎での しのはとても嫉妬深く、いつまでも次郎(直虎)への憎悪が



スポンサーリンク


直虎関係リスト


スポンサーリンク

 - 直虎あらすじ