日本の神様・神話 【天孫の結婚】ニニギ・コノハナサクヤビメ

      2016/12/22

日本の神様 日本神話
【天津日高日子番能邇邇芸命の結婚】

日本神話の中で様々な神様が登場し、活躍する舞台も変わってきましたが、ここからは現在の我々が住む地上世界が舞台の中心になっていきます。

須佐之男命(別称:素戔嗚命 スサノオ)大国主命(オオクニヌシ)が一生懸命繁栄させた地上世界の葦原中国も、ついには天上世界、高天原の神々に譲り渡すこと「国譲り」になり、天照大御神(アマテラス)の孫である天津日高日子番能邇邇芸命(別称:天津彦火瓊瓊杵尊 アマツヒコヒコホニニギ 以下ニニギ)が高千穂(九州の日向)に降臨「天孫降臨」しました。

ニニギは降臨した地を気に入り、「ここは韓の国(朝鮮半島)に向き合い、笠沙の岬にもつながっている。朝日がまっすぐ海から昇り、夕日が輝く素晴らしい国である」と語り、ここに立派な宮を建てて住みました。

今回は、血なまぐさいドタバタ劇から一転して、その後のニニギの結婚について説明します。

スポンサーリンク

天津日高日子番能邇邇芸命の結婚

ニニギはある時、笠沙の岬で木花之佐久夜毘売(別称:木花開耶姫 コノハナサクヤビメ)と出会い求婚します。

神速でプロポーズ

Man proposing to woman on beach

出典:http://blog.livedoor.jp/



山の神でコノハナサクヤビメの父、大山津見神(別称:大山祇命、酒解神 オオヤマツミ)はたいそう喜び、おまけに姉の石長比売(別称:磐長姫 イワナガヒメ)も一緒にニニギに差し出します。

姉イワナガの心境って・・・

しかし、イワナガヒメは顔が醜いため、ニニギは送り返してしまいます。

ブサイクいらねー

b3201e549e37cdb65bef2662c75d1bed_4511

出典:http://girlschannel.net/



父、オオヤマツミは、その無礼に激怒。

そりゃ怒りますよ。でもホントに怒りたいのはイワナガ。

オオヤマツミは「イワナガヒメを傍に置いておけば、命は岩のように長く永遠だったのに。コノハナサクヤビメだけでは花が咲くように繁栄しますが儚いものになるでしょう。」と言い、ここからニニギとその子孫たちは寿命が生まれ永遠の命ではなくなりました。

親も認めてたんかい。妹の方がカワイイって。

結婚したコノハナサクヤビメは、一夜にして妊娠します。

神速ベビー

ニニギは、「一夜限りで身籠るはずがない。誰か国津神の子ではないか」と信じませんでした。

まさかの不認知。

怒ったコノハナサクヤビメは、「天津神の子ならば、無事生まれるはず」と言って、燃え盛る火の中で出産を決意し3人の子を出産しました。

鬼嫁の勢いにさすがに認知。

天津神と国津神の違いについてはこちら↓

日本の神様・神話 【天津神と国津神】アマテラス・スサノオ
日本の神様 日本神話 【天津神と国津神】 古代日本人は、天の上のはるかかなたに高天原(タカマガハラ)という神々の住む世界を作り、人間が住む世界を葦原中国(アシハ


スポンサーリンク

 おわりに

オオヤマツミの周りって時代とかで考えるとすごく複雑です。

オオヤマツミの親神は伊邪那岐命(イザナギ)伊邪那美命(イザナミ)ですから、神話初期に産まれた神様といえます。

コノハナサクヤビメは前述のとおりニニギの妻になりますが、他にも足名椎命(アシナヅチ)という子供がいて、さらにその娘は櫛名田比売命(別称:稲田姫命 クシナダヒメ)

孫にあたるクシナダヒメは、スサノオの妻となった神様です。

さらにオオヤマツミには、まだ娘がいて神大市姫命(別称:大市比売命 カミオオイチヒメ)といいますが、この神様もスサノオの妻となって、大年神(オオトシ)宇迦之御魂神(ウカノミタマ)が産まれています。

スサノオ、クシナダヒメカミオオイチヒメの話は、時間の概念を考えるとニニギコノハナサクヤビメよりずっと前の話なので、オオヤマツミってどんだけ長生きなんだと思ってしまいます。

でも、そもそも神様に寿命もなにもあったもんじゃないのか。

娘の長生きの神様イワナガヒメを、嫁にやらずにずっと傍においていたから長生きなのかも。

須佐之男命と櫛名田比売命、神大市姫命について↓

日本の神様・神話 【須佐之男命③】スサノオ・クシナダヒメ
日本の神様 日本神話 【須佐之男命(素戔嗚尊)③】 今回で3回目となる須佐之男命(別称:素戔嗚尊 スサノオ)の話ですが、これまでのスサノオの話をザックリおさらい


スポンサーリンク


日本の神様・神話 【天津神と国津神】アマテラス・スサノオ
日本の神様 日本神話 【天津神と国津神】 古代日本人は、天の上のはるかかなたに高天原(タカマガハラ)という神々の住む世界を作り、人間が住む世界を葦原中国(アシハ

日本の神様・神話 【国産み神産み】イザナギ・イザナミ
日本の神様 日本神話 【国産み 神産み】 記紀神話では、伊邪那岐命(イザナギ)、伊邪那美命(イザナミ)は「国産み」、「神産み」の神様として描かれてます。

日本の神様・神話 【伊邪那美の死】イザナギ・イザナミ
日本の神様 日本神話 【伊邪那美の汚物から生まれた神】 記紀神話では、伊邪那岐命(イザナギ)、伊邪那美命(イザナミ)は実にたくさんの神様を産んでいます。

日本の神様・神話 【岩戸隠れ】アマテラス・スサノオ
日本の神様 日本神話 【岩戸隠れ(天岩屋戸・天岩戸)】 記紀神話では、伊勢神宮の内宮に祀られる太陽神の天照大御神(アマテラス)は高天原の総支配神であり、皇室の祖

日本の神様・神話 【須佐之男命①】スサノオ・アマテラス
日本の神様 日本神話 【須佐之男命(素戔嗚尊)①】 日本神話の中で、色々な神様が登場しますが人気ランキングでいけば、須佐之男命(別称:素戔嗚尊 スサノオ)は、間

日本の神様・神話 【須佐之男命②】スサノオ・クシナダヒメ
日本の神様 日本神話 【須佐之男命(素戔嗚尊)②】 今回で2回目となる須佐之男命(別称:素戔嗚尊 スサノオ)の話ですが、前回までのスサノオの話をザックリおさらい

日本の神様・神話 【須佐之男命③】スサノオ・クシナダヒメ
日本の神様 日本神話 【須佐之男命(素戔嗚尊)③】 今回で3回目となる須佐之男命(別称:素戔嗚尊 スサノオ)の話ですが、これまでのスサノオの話をザックリおさらい

日本の神様・神話 【大国主命①】オオクニヌシ・ヤソガミ
日本の神様 日本神話 【大国主命 大己貴命①】 日本神話の中で色々な神様が登場し、現在、最も尊い神として君臨するのは伊勢神宮に祀られる太陽神、皇祖神の天照大御神

日本の神様・神話 【大国主命②】オオクニヌシ・スクナビコ
日本の神様 日本神話 【大国主命 大己貴命②】 さて、2回に亘り紹介している大国主命(オオクニヌシ)ですが、前回までは、兄神たち八十神(ヤソガミ)に何回も殺され

日本の神様・神話 【国譲り①】アマテラス・オオクニヌシ
日本の神様 日本神話 【国譲り①】 葦原中国(地上世界)を大国主命(オオクニヌシ)が治めるようになり、大いに発展することになったこの国は、このまま平和なまま時代

日本の神様・神話 【国譲り②】タケノミカヅチノオ
日本の神様 日本神話 【国譲り②】 大国主命(オオクニヌシ)が治めるようになり、葦原中国(地上世界)は大いに発展していきますが、高天原(天上の世界)の天照大御神

日本の神様・神話 【天孫の結婚】ニニギ・コノハナサクヤビメ
日本の神様 日本神話 【天津日高日子番能邇邇芸命の結婚】 日本神話の中で様々な神様が登場し、活躍する舞台も変わってきましたが、ここからは現在の我々が住む地上世界

日本の神様・神話 【天孫の結婚】ニニギ・コノハナサクヤビメ
日本の神様 日本神話 【天津日高日子番能邇邇芸命の結婚】 日本神話の中で様々な神様が登場し、活躍する舞台も変わってきましたが、ここからは現在の我々が住む地上世界

日本の神様・神話 【海幸彦と山幸彦】ホオリ・オオワタツミ
日本の神様 日本神話 【海幸彦と山幸彦】 日本神話の中で様々な神様が登場し、「天孫降臨」によって舞台が我々が住む地上世界移り変わっていきます。 天照大御神

日本の神様・神話 【豊玉毘売の出産】トヨタマビメ
日本の神様 日本神話 【豊玉毘売の出産】 日本神話の中で様々な神様が登場し、高天原の神々の話から地上世界に舞台は移り変わり、天孫である天津日高日子番能邇邇芸命(

日本の神様・神話 【神武東征①】イツセ・イワレビコ
日本の神様 日本神話 【神武東征①】 日本神話の中で様々な神様が登場してきましたが、「天孫降臨」によって物語も神代から人代に変わり、今回の主役は神武天皇になりま

日本の神様・神話 【神武東征②】イワレビコ・ニギハヤヒ
 日本の神様 日本神話 【神武東征②】 日本神話の中で様々な神様が登場してきましたが、「天孫降臨」によって物語も神代から人代に変わり、前回に続いて主役は神武天皇

日本の神様・神話 【2代綏靖天皇】カムヌナカワミミ・タギシミミ
日本の神様 日本神話 【2代天皇 綏靖天皇】 日本神話では、様々な神々が登場してきましたが、神武東征によって大和に政権が誕生し、歴代天皇とその周りの人物が物語の

日本の神様・神話 【欠史八代】綏靖天皇~開化天皇
日本の神様 日本神話 【欠史八代】 日本神話では、様々な神々が登場してきましたが、初代神武天皇神武、2代綏靖天皇の即位以降、日本の神様・神話としての要素は圧倒的

 - 日本神話