おもしろきこともなき世をおもぶろぐ

歴史大好き葦尊彦による世の中のしょうもないことを前向きになるべく面白く考えていこうというお話。

日本の神様・神話 【国譲り①】アマテラス・オオクニヌシ

      2016/12/22

日本の神様 日本神話
【国譲り①】

葦原中国(地上世界)を大国主命(オオクニヌシ)が治めるようになり、大いに発展することになったこの国は、このまま平和なまま時代が過ぎていったわけではありません。

オオクニヌシ須佐之男命(スサノオ)の子孫であり、高天原(天上の世界)の天照大御神(アマテラス)ら天津神から見れば、格下の国津神になります。

ここでついに高天原の神々の介入が始まります。

今回は、この「国譲り」と呼ばれる神話について2回に分けて説明します。

天津神と国津神の違いについてはこちら↓

日本の神様・神話 【天津神と国津神】アマテラス・スサノオ
日本の神様 日本神話 【天津神と国津神】 古代日本人は、天の上のはるかかなたに高天原(タカマガハラ)という神々の住む世界を作り、人間が住む世界を葦原中国(アシハ


スポンサーリンク

天照大御神の宣言と派遣失敗

オオクニヌシが発展させた葦原中国を、高天原から見ていたアマテラスは、突然宣言します。

「豊葦原の千秋の長五百秋の水穂の国は、正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(マサカアカツカチハヤヒアメノオシホミミ / 天之忍穂耳命 アメノオシホミミ)が統べる国である」

簡単に言うと、「その国は私たちのものだから、わが子に渡せ」です。無茶苦茶な・・・

アマテラスの子であるアメノオシホミミは、母の宣言どおり葦原中国を治めるべく高天原から下りようとしましたが、天の浮橋から下を眺めると「葦原中国が騒がしい」と言ってすぐに高天原に引き返しました。

高所恐怖症?

e38d36a2-s

出典:http://blog.livedoor.jp/



そこで造化三神の一柱、高御産巣日神(タカミムスヒ)アマテラスは、タカムスヒの子で天岩戸事件の際に活躍した思金神(別称:思兼神 オモヒカネ)と相談し、アメノオシホミミの弟である天之菩卑能命(別称:天穂日命 アメノホヒ)を派遣します。

しかし、アメノホヒは葦原中国でオオクニヌシに会うと、その秀逸ぶりに感服し使命を忘れて3年も過ごしてしまいます。

知恵の神様 思金神の天岩戸事件時の策とは?↓

日本の神様・神話 【岩戸隠れ】アマテラス・スサノオ
日本の神様 日本神話 【岩戸隠れ(天岩屋戸・天岩戸)】 記紀神話では、伊勢神宮の内宮に祀られる太陽神の天照大御神(アマテラス)は高天原の総支配神であり、皇室の祖


スポンサーリンク

派遣再失敗

次に天若日子(別称:天稚彦 アメノワカヒコ)が神聖な弓と矢の天真鹿児弓と天羽羽矢を授かって下りますが、アメノワカヒコオオクニヌシに心酔してしまう。

オオクニヌシの器ハンパない

さらにオオクニヌシの娘の下照比売命(別称:下光比売命 シタテルヒメ / 高比売命 タカヒメ)と結婚し、オオクニヌシの後継者になる野心を抱いて8年経っても高天原に報告もしませんでした。

疑いを抱いたアマテラスは、使者を遣わしますがアメノワカヒコは、それを神聖な弓矢で射殺。

その矢はそのまま高天原まで飛んで行き殺害行為が発覚します。

高天原のタカムスヒは「本当に野心があるならこの矢が災いを与えるだろう」と言って、矢を投げ返すと寝ていたアメノワカヒコの胸を貫いてアメノワカヒコんでしまいます。

二指真空把!

i320

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/



なかなか宣言通りにはいかない高天原勢。

さあ、次はついに雷神、建御雷之男神(タケノミカヅチノオ)の出番です。

つづく
スポンサーリンク


日本の神様・神話 【天津神と国津神】アマテラス・スサノオ
日本の神様 日本神話 【天津神と国津神】 古代日本人は、天の上のはるかかなたに高天原(タカマガハラ)という神々の住む世界を作り、人間が住む世界を葦原中国(アシハ

日本の神様・神話 【国産み神産み】イザナギ・イザナミ
日本の神様 日本神話 【国産み 神産み】 記紀神話では、伊邪那岐命(イザナギ)、伊邪那美命(イザナミ)は「国産み」、「神産み」の神様として描かれてます。

日本の神様・神話 【伊邪那美の死】イザナギ・イザナミ
日本の神様 日本神話 【伊邪那美の汚物から生まれた神】 記紀神話では、伊邪那岐命(イザナギ)、伊邪那美命(イザナミ)は実にたくさんの神様を産んでいます。

日本の神様・神話 【岩戸隠れ】アマテラス・スサノオ
日本の神様 日本神話 【岩戸隠れ(天岩屋戸・天岩戸)】 記紀神話では、伊勢神宮の内宮に祀られる太陽神の天照大御神(アマテラス)は高天原の総支配神であり、皇室の祖

日本の神様・神話 【須佐之男命①】スサノオ・アマテラス
日本の神様 日本神話 【須佐之男命(素戔嗚尊)①】 日本神話の中で、色々な神様が登場しますが人気ランキングでいけば、須佐之男命(別称:素戔嗚尊 スサノオ)は、間

日本の神様・神話 【須佐之男命②】スサノオ・クシナダヒメ
日本の神様 日本神話 【須佐之男命(素戔嗚尊)②】 今回で2回目となる須佐之男命(別称:素戔嗚尊 スサノオ)の話ですが、前回までのスサノオの話をザックリおさらい

日本の神様・神話 【須佐之男命③】スサノオ・クシナダヒメ
日本の神様 日本神話 【須佐之男命(素戔嗚尊)③】 今回で3回目となる須佐之男命(別称:素戔嗚尊 スサノオ)の話ですが、これまでのスサノオの話をザックリおさらい

日本の神様・神話 【大国主命①】オオクニヌシ・ヤソガミ
日本の神様 日本神話 【大国主命 大己貴命①】 日本神話の中で色々な神様が登場し、現在、最も尊い神として君臨するのは伊勢神宮に祀られる太陽神、皇祖神の天照大御神

日本の神様・神話 【大国主命②】オオクニヌシ・スクナビコ
日本の神様 日本神話 【大国主命 大己貴命②】 さて、2回に亘り紹介している大国主命(オオクニヌシ)ですが、前回までは、兄神たち八十神(ヤソガミ)に何回も殺され

日本の神様・神話 【国譲り①】アマテラス・オオクニヌシ
日本の神様 日本神話 【国譲り①】 葦原中国(地上世界)を大国主命(オオクニヌシ)が治めるようになり、大いに発展することになったこの国は、このまま平和なまま時代

日本の神様・神話 【国譲り②】タケノミカヅチノオ
日本の神様 日本神話 【国譲り②】 大国主命(オオクニヌシ)が治めるようになり、葦原中国(地上世界)は大いに発展していきますが、高天原(天上の世界)の天照大御神

日本の神様・神話 【国譲り①】アマテラス・オオクニヌシ
日本の神様 日本神話 【国譲り①】 葦原中国(地上世界)を大国主命(オオクニヌシ)が治めるようになり、大いに発展することになったこの国は、このまま平和なまま時代

日本の神様・神話 【天孫の結婚】ニニギ・コノハナサクヤビメ
日本の神様 日本神話 【天津日高日子番能邇邇芸命の結婚】 日本神話の中で様々な神様が登場し、活躍する舞台も変わってきましたが、ここからは現在の我々が住む地上世界

日本の神様・神話 【海幸彦と山幸彦】ホオリ・オオワタツミ
日本の神様 日本神話 【海幸彦と山幸彦】 日本神話の中で様々な神様が登場し、「天孫降臨」によって舞台が我々が住む地上世界移り変わっていきます。 天照大御神

日本の神様・神話 【豊玉毘売の出産】トヨタマビメ
日本の神様 日本神話 【豊玉毘売の出産】 日本神話の中で様々な神様が登場し、高天原の神々の話から地上世界に舞台は移り変わり、天孫である天津日高日子番能邇邇芸命(

日本の神様・神話 【神武東征①】イツセ・イワレビコ
日本の神様 日本神話 【神武東征①】 日本神話の中で様々な神様が登場してきましたが、「天孫降臨」によって物語も神代から人代に変わり、今回の主役は神武天皇になりま

日本の神様・神話 【神武東征②】イワレビコ・ニギハヤヒ
 日本の神様 日本神話 【神武東征②】 日本神話の中で様々な神様が登場してきましたが、「天孫降臨」によって物語も神代から人代に変わり、前回に続いて主役は神武天皇

日本の神様・神話 【2代綏靖天皇】カムヌナカワミミ・タギシミミ
日本の神様 日本神話 【2代天皇 綏靖天皇】 日本神話では、様々な神々が登場してきましたが、神武東征によって大和に政権が誕生し、歴代天皇とその周りの人物が物語の

日本の神様・神話 【欠史八代】綏靖天皇~開化天皇
日本の神様 日本神話 【欠史八代】 日本神話では、様々な神々が登場してきましたが、初代神武天皇神武、2代綏靖天皇の即位以降、日本の神様・神話としての要素は圧倒的

 - 日本神話